FC2ブログ

リリカルなのはで百合萌え(燃え) 想いを29らませて

リリカルなのはで百合萌え(燃え) 想いを29らませて
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リリカルなのはで百合萌え(燃え) 想いを29らませて










1 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/18(金) 17:35:39 ID:AkDdq1Ds
三期も終焉を迎えた熱血魔法バトルアクションアニメ、
魔法少女リリカルなのはの百合スレです。
四期は連載コミックが二本、百合分を希望しつつ、さあ気合入れて妄想していこう!
魔法少女リリカルなのはThe Movie 1st 2010年1月23日公開予定!

◆前スレ
リリカルなのはで百合萌え(燃え) 高町家は28城
http://babiru.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1254230676/

◆避難所
リリカルなのはで百合萌え(燃え)避難所
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/10685/1200323173/

◆公式サイト
ttp://www.nanoha.com/
◆NanohaWiki
ttp://nanoha.julynet.jp/
◆魔法少女リリカルなのは百合スレまとめwiki
ttp://wiki.livedoor.jp/nanohayuri/

◆ゲーム開発中
リリカルなのは 百合ゲー製作板
ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/10685/
このスレ発でゲームを開発しているようです、よろしければ応援してあげてください。


2 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/18(金) 17:37:21 ID:AkDdq1Ds
◆4期コミック連載誌

角川書店 娘TYPE「魔法戦記リリカルなのはForce」
角川書店 コンプエース「魔法少女リリカルなのはViVid」

◆過去スレ

リリカルなのはで百合萌え(燃え?)
ttp://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1128305270/
魔法少女リリリカルなのはで百合萌え(燃え?)II
ttp://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1178375881/
魔法少女リリカルなのはで百合萌え(燃え?) 3rd Form
ttp://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1185552969/
魔法少女リリカルなのはで百合萌え(燃え?) 4期希望
ttp://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1188473317/
魔法少女リリカルなのはで百合萌え(燃え?)5夫婦目
ttp://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1190583469/
魔法少女リリカルなのはで百合萌え(燃え?)娘は6歳
ttp://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1191855769/
魔法少女リリカルなのはで百合萌え(燃え?)7カプ目
ttp://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1193195172/
魔法少女リリカルなのはで百合萌え(燃え) 嫁8人目
ttp://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1194621084/
リリカルなのはで百合萌え(燃え) 結婚生活9年目
ttp://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1196281848/
リリカルなのはで百合萌え(燃え) 10年来の恋人
ttp://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1198066180/
リリカルなのはで百合萌え(燃え) 11才の転機
ttp://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1199377911/
リリカルなのはで百合萌え(燃え) 12歳差の想い人
ttp://babiru.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1200654852/
リリカルなのはで百合萌え(燃え)13人目の娘
ttp://babiru.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1202224195/
リリカルなのはで百合萌え(燃え)14歳の初夜
ttp://babiru.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1203835951/


3 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/18(金) 17:37:51 ID:AkDdq1Ds
リリカルなのはで百合萌え(燃え)15歳の誓い
ttp://babiru.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1205507774/
リリカルなのはで百合萌え(燃え)16人目の撃墜者
ttp://babiru.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1207071377/
リリカルなのはで百合萌え(燃え)永遠の17歳
ttp://babiru.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1208936256/
リリカルなのはで百合萌え(燃え)18歳の結婚式
ttp://babiru.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1211017373/
リリカルなのはで百合萌え(燃え)19歳の新婚生活
ttp://babiru.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1213289697/
リリカルなのはで百合萌え(燃え)20歳の魔法少女
ttp://babiru.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1215594427/
リリカルなのはで百合萌え(燃え)21枚目のラブレター
ttp://babiru.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1217355406/
リリカルなのはで百合萌え(燃え)22回目の甘い夜
ttp://babiru.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1219678072/
リリカルなのはで百合萌え(燃え)砂糖23グラム目
ttp://babiru.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1224372137/
リリカルなのはで百合萌え(燃え)24h甘々生活
ttp://babiru.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1227869139/
リリカルなのはで百合萌え(燃え)25時間の告白
ttp://babiru.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1235651996/
リリカルなのはで百合萌え(燃え)26風呂上りの情事
ttp://babiru.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1241880926/
リリカルなのはで百合萌え(燃え) 手を27(繋)いで
http://babiru.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1247582358/


4 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/18(金) 18:33:16 ID:8uyzVkrT
>>1
こちらでも乙です

そろそろ性夜、じゃねえや聖夜かぁ……そしてリインさんが空に還った時分か……
この時期になると、きっとはやてはヴィータ達とはしゃぎつつ楽しみつつもしんみりするんだろうなぁ……


5 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/18(金) 20:37:13 ID:1m7aA72w
>>1乙です!



6 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/18(金) 21:02:54 ID:idJuw3AI
魔法の呪文は1乙なの!


7 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/18(金) 21:59:38 ID:yedxrK8Q
「簡単だよ…スレを立てるの、すごく簡単。」
「…」
「スレタイを決めて。はじめはそれだけでいいの。」
「テンプレとかコテハンとかどうでもいいから。ちゃんとスレ数を見てはっきりスレタイを決めるの」
「私…リリカルなのはで百合萌え(燃え) 想いを29らませて。29スレ目だよ」
「…1…乙…」
「うん、そう」
「…1乙…」
「うん」
「…1乙!」
「うんっ!」
「ありがとう、1!」


8 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/19(土) 02:12:23 ID:y4PK1lri
>>1乙
前スレ1,000GJ



9 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/19(土) 09:43:28 ID:YWsnMi7S
1乙

そして前スレ1000どこまでもはてしなくGJ!!!


10 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/19(土) 16:56:25 ID:9dDBfvHw
なんか>>1乙少ないかな…


11 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/19(土) 18:28:42 ID:1kmQ5oz9
>>1乙なの


12 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/19(土) 19:25:17 ID:CAW2p4RB
これは1乙じゃなくてうんたらかんたら


13 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/19(土) 23:00:03 ID:6zxegZt6
>>1乙


14 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/19(土) 23:14:33 ID:xpx2qFpj
>>1乙。寒くなってきたせいで朝起きるのが辛くなってきたな。
布団の温もりが・・


15 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/19(土) 23:43:14 ID:Kg59KTw3
>>1乙
布団といえば
トリコロという4コマ漫画があってだな、それの同衾ネタを読むたびに何故か
にわ→はやて
八重→なのは
真紀子→アリサ
に変換されるんだ


「…なのは、はやてに変なことされそうになったら大声出しなさい」
「ふふ、そうするよ」
「じゃ、おやすみ」
「おやすみなさい。…さて」
(パチン)

「あ、アリサちゃああああああ!!」
「早速か!」


16 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/19(土) 23:58:52 ID:CAW2p4RB
何それ面白そう
ちょっとググってみる


17 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/20(日) 10:12:56 ID:4tor5cza
>>1乙テスタロッサ


>>15 4コマ漫画と言えば落花流水という漫画があってな
主人公→なのは
先輩→フェイト
関西弁→はやて
ちびっ子先生→9歳はやて

に変換される


18 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/20(日) 10:52:52 ID:UbS3IEn9
>>17
むしろフェイトが秋穂だろう
なのさ好きさ的にw

しかしその配役だとはやて×ちびはやてになってしまうなwww


19 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/20(日) 11:23:37 ID:4tor5cza
>>18
いや、俺もそれは悩んだが
親と少しゴタゴタがあってそのせいでずっと一人だったフェイトさんに
手を差し伸べてくれたのがなのはさんだといいな と思ったから

だって身長を気にしてるはやてさんが可愛いんだもん。


20 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/20(日) 14:22:29 ID:WIVgwVGG
「なのは、脱がすよ……」
「うん……」

「な、なのは? これ……」
「ごめんね、フェイトちゃん。 寒いから毛糸のパンツ穿いちゃった」
「あ、いや、別に良いんだけど」

「それじゃ、はいコレ」
「? 毛糸の紐?」

「フェイトちゃんにどんどん解いて行ってもらいたいんだ。 わ、私のパンツを……」
「なのは……」

「(どんどん私の恥ずかしいところが露わになって行くよぅ……)」
「(なのは、濡れてる……)」


21 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/20(日) 15:28:01 ID:NsaA7YWN
マニアックだなw


22 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/20(日) 16:50:13 ID:CHn52NDZ
ちょいと質問させてください。

元々カップリングの人じゃなかったので攻め受けの概念がイマイチわからないのですが
攻めというのは二人の関係を精神的にリードしている人なんですか
それとも、行為の上で相手に愛撫を施す側のことなんでしょうか?


23 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/20(日) 18:03:33 ID:4vdkQTuO
>>22
多分両方あってる

というか攻め受けの定義って人によって曖昧だから、これが正解っていうのはないと思う



24 22 sage New! 2009/12/21(月) 01:51:36 ID:fn9FLJZW
統一された定義なかったんですか?
無駄に考え込んでしまいましたよ。
教えてくれてありがとうです。


25 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/21(月) 09:38:01 ID:ZAOCG8WS
百合にも明確な定義はないし、深く考えることはないと思う
自分なりの解釈ぐらいは持っておくといいかも


26 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/21(月) 10:13:37 ID:3PSAXdFm
ttp://mogeonna.seesaa.net/article/135440867.html#comment

ヤオラーは攻め受け妄想だけでこんな芸当までこなせるけどなw


27 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/21(月) 10:18:52 ID:ZAOCG8WS
>>26
こういうのがいるから腐女子って嫌われるんだろうなあ


28 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/21(月) 12:31:58 ID:NPL7CuZ5
SECRET AMBITIONがスバティアだったことに今更気付いた


29 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/21(月) 19:51:01 ID:JNLOQv7z
今さっき通りかかったコンビニになのフェイ仕様の痛車が停めてあったw。
このスレの住人か?


30 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/21(月) 21:03:34 ID:6XkOzIl8
>>29
kwsk!!


31 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/21(月) 21:48:55 ID:w9yExNf7
>>29
さすがにそんな勇気は持ってないなあ、だれだその勇者


32 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/21(月) 22:00:26 ID:JNLOQv7z
場所は神奈川県の県央部。
黒い車体のボンネットでなのはさんとフェイトさんが向かいあって、見つめ合ってた。
帰社途中だったし、会社の制服来てたから写真撮ったりする勇気は無かった・・・。


33 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/21(月) 22:55:05 ID:8eY8sOvo
痛車もってるひとっておかねもちなイメージがある


34 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/21(月) 23:14:42 ID:w9yExNf7
痛車ってどうやって作ってるんだろう。そういう業者がいるのか?


35 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/22(火) 08:18:55 ID:GeXvRHII
>>22
どっちかというと行為の意味が強い気がする
(攻め=タチ、受け=ネコだし)
じゃないとリードされるへたれ攻め、というものがなりたたない気が

まあ自分はリバ派なのだが
二人で貪り合えばいい


36 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/22(火) 12:30:07 ID:ceYWrW77
なのフェイSS投下します。
時系列はStS終了後でまだ友人同士だった場合の二人です。
一応両思いのはずだけど、フェイト⇒⇒⇒←なのはでフェイトさん空回りしがち。
えらくへたれてます。格好良いフェイトさんが好きな人ごめんなさい。



それは私ことフェイト・T・ハラオウンが約一月という長期の巡行を終え、
久々になのはとヴィヴィオの待つ高町家に帰ってきた日のこと。

「ただいまー」
「おかえりっ、フェイトちゃん」

ずっと見たかった大切な友達の花のような笑顔に私も笑顔で応える。
と、小さな姿がどこにも見えないことに気づく。

「あれ、ヴィヴィオは?」
「さっき寝ちゃったよ。頑張って待ってたんだけどねー」

なのはの口調に刺はなかったが、たまの娘と過ごせる時間。
もう少し早く帰れなかったのかと悔やんでしまう。

「まあまあ、ヴィヴィオには明日ただいまって言ってあげればいいからね。
 ……お風呂まだでしょ?入ってきて」
「うん……」


言われるままに風呂へ向かい、少し沈んだ気分になりながら湯船に浸かる。
いくら仕事が忙しいとはいっても、どうにか後30分ぐらいなら詰められなかっただろうか……。
家庭を大事にしない夫は段々と冷たくなる妻と子の視線に
耐えかねて、ますます疎遠になるというのは局の職員の間でもよく聞く話だ。

「いやいや、通信はよく入れてるし……というか私夫じゃないしっ」


37 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/22(火) 12:30:48 ID:ceYWrW77

思わず口に出して否定する。
だが、夫でも本当のママでもないということは余計に帰って来づらくなってそのうち

『なのはママー、このオバちゃんだれー?』
『えっっっ!!』
『……えーと、ママのお友達で……』

「いやいやいやいやっ、ヴィヴィオはそんな子じゃありませんよっ!
 …………でも、まだ小さいから……」

そんな風にマイナス思考がループしだしたところで
「フェイトちゃん入るよー」
という声とともにドアが開いてなのはがタオル一枚だけ身につけて入ってきた。

「な、なのはっ?」
「えへへ、お邪魔するね」
「ま、まだ入ってなかったの?」
「ううん。どうせ、また変なこと考えてるんじゃないかなって思ったから」
「……すごいね、なのはは。お見通しだ」
「まあ、付き合いも長いですから」

などと会話をかわしながら、軽く身体を流して湯船に入ってくる。

「10年以上、だもんね……」
「そ、ヴィヴィオのことなら明日あの子の笑顔を見たら悩みなんて吹き飛んじゃうと思うよ」
「そう、だね……」
「ということで。えいっ」
「な、なななななっ……なぬはっ!!!??」
茶目っ気混じりの掛け声とともになのはが背中から抱きついてきた。
動揺のあまり声がひっくり返る。

「にゃははっ、ヴィータちゃんみたい」
「だ、だ、だって……!」


38 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/22(火) 12:31:10 ID:ceYWrW77

くっついてる。
ぴったりくっつき過ぎてる。
なんかいろいろ当たってる。

「フェイトちゃん分補給ー」
あまつさえ首筋に顔をぐりぐりと埋めてきた。
お湯のせいではない熱が一気に頭に登る。
「~~~~~~~」

「フェイトちゃんは相変わらず恥ずかしがりやさんだなー」
「そ、そういう問題じゃっ……首っ……き、き、きすしてる……?」
「こんなのキスって言わないよ。ちゃんとしたのは
 大事な人のためにとっといたげるから、気にしない気にしない」
「……大事な、人?」
「うんっ。フェイトちゃん、どんな人を好きになるんだろうね」

湯だった頭に水を差されるような感覚がした。
大事な人も好きな人も今の私にはたくさんいる。
その誰とも違った特別―――

「なのはは……私にそんな人が出来たら寂しくない?」

「寂しいと思うよ。ヤキモチも焼いちゃうかな」
にゃはは、といつもの感じで軽く笑って付け加える。
「でもきっと、嬉しいとも思う。フェイトちゃんが幸せなら」

「なのはは心が広いね」
多分私だったら素直に祝福はできないだろう。
さんざん拗ねていじけて誰かに宥められてようやく、というさまが目に浮かぶようだ。

「いやー、実際になってみないとわからないけどね。
 フェイトちゃんと付き合いたいなら私を倒してみろっ!
 ってSLB撃っちゃうかもしれないし」


39 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/22(火) 12:31:37 ID:ceYWrW77

「あはは、エース・オブ・エース相手じゃハードル高すぎだよ」
なのはの冗談めかした声の中に少し本気を感じてホッとする。
簡単に認めるつもりはなさそうだから。

「……でも、やっぱり大丈夫だと思う。フェイトちゃんがどこにいても、
 どんな時でも私のことを気にしててくれるっていうのは分かってるから」

「うん。……なのはは時々私のこと忘れてそうだよね」

「わ、忘れてるわけじゃないよ。ただ、目の前のことでいっぱいいっぱいというか……。
 見守っててもらってるから頑張れるんだからね」

「ん、それなら私はずっとなのはのこと見てるよ。
 なのはより大事な人なんて作れるとも作りたいとも思わない。
 恋人なんか作って今以上に会えなくなるのも嫌だしね」

「うーん、私はこうやって甘えられるのはフェイトちゃんだけだから嬉しいんだけど……」
いいのかなぁと呟くなのはに心が跳ねる。
そういえば最近はよく甘えてくれるようになったかもしれない。
子供の頃はアリサに呆れ返られるほどにベタベタしていて……
墜ちて怪我をした辺りから、なのははあまり頼ってくれなくなった。
まるで地上への心残りを無くして遥か遠くへと飛んでいきたいというかのように。

(ヴィヴィオのおかげかな……)
絶対に帰ってこなければならない理由ができたから、
以前のように目を離すと消えてしまいそうな不安感はなくなっていた。
それでも、見ていると振り返って笑ってくれるのが嬉しくて目を離せないのだけれど。

「いいよ。恋人なんか欲しくない。なのは以上に大事な人じゃないと
 キスしちゃいけないっていうならなのはとする。なのはとしないなら誰とも一生しない」

「…………フェイトちゃん時々凄く情熱的だよね。なのはさん照れちゃうよ」


40 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/22(火) 12:32:03 ID:ceYWrW77

情熱的……?あれ……私なにかおかしなことを言ったかな。
…………ん?思い返すとなのはとキスしたい、みたく聞こえるような。
したい、のかな?そうでもないような……。
なのはは私の初めての友達で、始まりをくれた神様みたいな人。
大切な大切な存在で……そんなことをするまでもなく絆は結ばれている。

―――でも、してくれたら嬉しいかな。
うん、なのはに求められたら嬉しいのかもしれない。
などと思考の海に潜っている間になのはは決断したようだ。

「うーん、よしっ、決めた」
と言って身を乗り出すと私の唇に軽く触れる。唇で。
そして
「やっぱり私がもらうことにするね」
にこりと綺麗な笑みを浮かべた。

(え、え、ええっ!?)
もう声を出すことすら出来ずにその笑顔に見とれる。
どうしてこの子は私が迷っている間にあっさりと決めてしまうのだろう。

もらうって私がなのはのお嫁さんになるの?
いや、なのはは女の人だから私が婿で……ってそれも違う。

支離滅裂に考えながらも一応マルチタスクでなのはに
受け答えしているようだが、CPUが暴走していてなんだかよく分からない。
髪を洗ってもらっている間も乾かしてもらっている間も混乱したまま時が過ぎる。
それが分かっているのかなのはは時折くすくす笑っている。なんか余裕があってずるい。

「それじゃ、一緒に寝よ。フェイトちゃん」
「え、あ……はい」
「ごめんねー、ヴィヴィオ。今日は端で寝てね」


41 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/22(火) 12:32:29 ID:ceYWrW77

三人が余裕で眠れるベッドの上でヴィヴィオはすでに夢の中だ。
なのははいつも通りの位置のヴィヴィオを端に寄せて私に真ん中で眠るように促してくる。

ヴィヴィオが落ちないように気にしながらも横になると、
なのはは私に抱きつくようにして隣に転がった。
あれ……?夫婦の営みを子供の隣でするなんてことはないよね?
今日は眠るだけなのかな。
というかもしかして、もらうのは唇だけ?

……でも、キスはしてもいいのかな。お願いしたらまたしてくれるのかな。

「な、なのっ……は」
意を決して声をかけようとしたら、なのははすやすやと眠っていた。
どうみても狸寝入りではない昔から変わらないあどけない寝顔。
脱力する。……でも

――こうやって甘えられるのはフェイトちゃんだけ――

だから、なのかな。
こうして穏やかに眠っていられるのは私がそばにいるからなのかな。
その後もしばらくどうでもいいような思考がぐるぐる頭を回るけれどそこに不安はなかった。
やっぱりすごいな、なのはは……。なんて思いながら眠りについた。


42 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/22(火) 12:32:51 ID:ceYWrW77
近づいてきた柔らかで暖かな存在を抱きしめる。
なのは、かな……寝ぼけた頭で力を込めた。

「うーん、フェイトママー。ちょっとくるしいよー」
なのはのものではない声に目を開くとオッドアイの少女が困ったように見つめていた。
「……え、あっ、ごめん。ヴィヴィオ」
起こしに来てくれたところを捕まえてしまったようだ。慌てて力を抜く。

「おはよう。フェイトママ」
「うん、おはよう。あと、ただいま。昨日はごめんね」
「おかえりなさい。きょうはあそべるんだよね?」
「うんっ、たっくさん遊ぼうね」
「えへへっ」

本当に何を悩んでいたのだろう私は。
ヴィヴィオの笑顔はくだらない悩みなど吹き飛ばしてしまった。
もちろん親としてはこの笑顔を消さないように努力をしていかなければならないけれど。

……この子、だんだんなのはに似てきてるしね。
辛くても我慢するのが当たり前、人に弱さを見せないのが当たり前となってしまったら寂しい。

「フェイトママ、かおあかいよ?おねつあるの?」
「えっ?大丈夫、だと思う……」
「むりしたらだめだよ?」
「ありがとう、ヴィヴィオ。大丈夫だよ」

多分なのはのことを考えて顔が赤くなってしまったのだろう。
心配をかけてしまって申し訳なく思っているとその原因がやってきた。

「あっ、フェイトちゃん起きたんだ」
「な、な、なのはっ」
「あー、えっと……おはよう、フェイトちゃん」
「うん……おはよう」


43 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/22(火) 12:33:12 ID:ceYWrW77

少し戸惑ったような挨拶に昨夜のことが夢でないと分かって顔が熱くなる。
そんな私を見て、なのははいたずらっ子の笑みを浮かべると熱を帯びた頬に口づけてきた。

「あー、いいなー。ヴィヴィオにもしてー」
「はいはい」

仕方ないなーと笑って同じようにするなのは。
あれ、私……子供と同じ扱い?
じゃないよね。一瞬でよく分からなかったけれど、昨日のは……口、だったし。


その後、なのはとヴィヴィオと過ごした休暇中は幸せだったけれど特に進展はなかった。
結局なのははどういうつもりでキスしたんだろう、と再び旅立つ前に少し不安になったところで

「フェイトちゃん、大好きだよ」

とまた唇を奪われた。やっぱりなんだかずるいと思う。
それでも嬉しくて仕方ない自分が度し難いけれど、
私にはなのはが必要でなのはも私を必要としてくれているのだろう。
次の休暇もまたしてくれるのかな……それともこちらから反撃した方がいいのかな、
なんて考えるのも幸せで、またなのはのところへ帰りたいと思うのだった。


44 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/22(火) 12:37:48 ID:ceYWrW77
終わりです。
うーん、初めて書いたけどフェイトさんいじるのが楽しすぎてキャラが崩れたかも。
これはフェイトさんじゃなくてふぇいとさんだと思ってください。すみません。


45 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/22(火) 14:25:21 ID:XO40Qor5
OCNまた規制か

>>44
初めて・・だと・・・
GJ


46 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/22(火) 16:04:12 ID:KX0wOJte
>>44
ふぇいとさんかわいいよふぇいとさん
なのはさんの心情が気になるところですねw

GJ



47 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/22(火) 16:08:12 ID:koVcbSah
>>44
フェイトさんが帰ってくる度に、なのはさんのリードで少しずつ進展していくんですね分かります


48 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/22(火) 19:24:15 ID:KLAbqU0z
>>44
なんといういじらしいw
2828してしまった、GJ!


49 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/23(水) 09:57:14 ID:IWnzlvN7
>>44
フェイトさんかわいいよフェイトさん
フェイトさんは恥ずかしがりやで大好きとかあまり言えないけど
天然で爆弾発言してなのはを真っ赤にさせるんですね分かります。


50 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/23(水) 10:13:41 ID:cB8BVmz1
>>44
これは良いニヤニヤSS、GJ!


51 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/23(水) 10:18:02 ID:1Vn4/dop
『酷い歴史改変』

「バインド!?」
「受けてみて! これが私の全力全開!」
「くっ、バインドが解けない!」



ちゅっ



「え?」
「ずっとこうしたかったんだ……」

ちゅっちゅっちゅっちゅっ

「え、ちょっと、やめっ、やめてよ君っ」
「君じゃないよ、なのはだよ」
「なの、は……」
「うんっ」
「なのは……だめぇ」
「フェイトちゃんは、イヤ?」
「どうなんだろう……良くわからないよ」
「ごめんね、フェイトちゃんがイヤでも全部貰っちゃうから」
「なのは……ああああああああああっ!」

―10年後―

「その時に友達を飛ばしていきなり恋人になったんだよね」
「うん」
「あの時、なのはに初めてを奪われたんだよね……。 凄い必殺技だった……」
「四十八手全部試したもんねぇ」
「おかげで今はなのは無しでは生きていけなくなったよ」
「私もだよフェイトちゃん……。 ね、今日も……」
「うん。 好きだよ、なのは」
「フェイトちゃん……」


52 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/23(水) 12:20:25 ID:HsadX3SC
>>51
はやてさんも真っ青


53 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/23(水) 12:24:45 ID:PwKhNagA
>>51
なんという肉体言語www


54 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/23(水) 15:23:56 ID:DI2TWHO7
歴史改変、かぁ…

槌「邪魔…すんなよ…(性的な意味で)」
魔「ヴィータ…ちゃん…」
槌「あとちょっとで、(最近なのはに興味を持っていた)はやてが私の元へ帰ってくるんだ…」
魔「(あれ、なんか誤解してる?)」
槌「あとちょっとなんだから…邪魔すんなぁぁあwせdrftgyふじこ!」

魔「(違うなの。誤解なの。はやてちゃんと仲良くすることで、フェイトちゃんにヤキモチ焼かせて
  みたかっただけなの。あ、でもヤキモチ焼くヴィータちゃんも可愛いなのうへへへへへ。)」


55 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/23(水) 15:58:47 ID:ktDTaSrp
>>51
四十八手全部知ってる小学3年生とか嫌すぎるだろww



いいぞもっとやr(ry


56 :名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/23(水) 22:30:32 ID:blXaA2PB
クリスマスなのはママはヴィヴィオとユーノと過ごしてるんだろうなw



57 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/23(水) 22:51:39 ID:x3V8mbVj
先生みたいな子供の頃からの知り合いに美人が多い男に限って
社会に出て出会った地味な同僚とくっついてるのがよくあるパターン


58 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/23(水) 23:10:11 ID:OhRJxDh2
ヴィヴィオなら覇王様の隣であったかあったかしてるよ
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org487440.jpg
そして娘が留守なのをいいことになのはさんはフェイトさんと・・・



59 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/23(水) 23:14:52 ID:1Vn4/dop
「はやて、休みだって。 今はやりの新型インフルエンザをもろにもらっちゃったみたい」
「大変だね、はやてちゃん……」
「はやても大変だけどね、すずか」
「?」

「なのは、なのは、なのは、なのは、なのは、なのは、なのは、なのは、なのは、なのは、なのは、なのは、なのは、なのは、なのは、なのは、なのは、なのは、なのは、なのは、なのは、なのは、なのは、なのは、なのは、なのは、なのは……」
「フェイトちゃん、フェイトちゃん、フェイトちゃん、フェイトちゃん、フェイトちゃん、フェイトちゃん、フェイトちゃん、フェイトちゃん、フェイトちゃん、フェイトちゃん、フェイトちゃん、フェイトちゃん、フェイトちゃん、フェイトちゃん、フェイトちゃん……」

ちゅっちゅっ、ちゅぱ、くちゅ、くちゅ、ぢゅるるる、ぬちゅ、ずぢゅるぢゅる……

「……あの年中病気、何とかならないの?」
「不治の病だから何ともならないと思うよ……」
「頼んでここに病院を建てて貰おうかしら……」
「お医者様でも草津の湯でも治せないと思うな……」


60 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/23(水) 23:21:03 ID:4Ygw9WC5
すずか「アリサちゃん、いっそ開き直って私たちもイチャつこうか?」
すずかはこう言うか、心の中ではイチャつきたくとも言い出せない、って感じだと思うんだ


61 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/24(木) 00:14:04 ID:5xab/xMH
>>58
そして、娘のことが気になってしかたがない子離れできないフェイトママと
そんなフェイトちゃんの様子に我が子ながらちょっと焼きもちを焼いてしまう
なのはママですね、分かります


62 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/24(木) 00:18:25 ID:DXEjYSqO
覇王様には間違ってお酒を飲んでスバルやティアナやノーヴェの胸で眠るという大事な役目がですね


63 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/24(木) 00:30:08 ID:I9vSmFdH
さて、ついにクリスマスイヴですよ
今年の二人はどんなキャッキャウフフを見せてくれるのでしょうか


64 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/24(木) 07:36:20 ID:ilD7gDfU
ヴィヴィオにはおもちゃを。
フェイトさんには夜のスキンシップをプレゼントする、なのサンタさん。


65 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/24(木) 07:55:50 ID:UXFke8Q4
ヴィヴィオにはおもちゃを。
フェイトさんには大人のおもちゃと栄養ドリンクを。

喜ぶ娘と張り切るママという構図。


66 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/24(木) 12:03:25 ID:YQZosudJ
>>60
漫画のA'sでもそうだし、どうみても開き直ってる
むしろ踏み出せないのはアリサじゃないか


67 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/24(木) 12:09:01 ID:a0d/H5Hv
ママがサンタにキスをしたじゃないのか。
フェイトはリアルで寝ているヴィヴィオの寝室に忍び込みそうだ


68 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/24(木) 12:25:13 ID:E02euJj0
「なのはママ、すごいこと教えてあげる!」
「なぁに?ヴィヴィオ。嬉しそうだね」
「あのね、あのね、サンタクロースってね――フェイトママだったんだよ!!」


69 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/24(木) 13:37:44 ID:UXFke8Q4
「フェイトちゃん……」
「ご、ごめんなのは……。 次はもっと上手くやるから……!」


70 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/24(木) 14:00:36 ID:mqNwyfhb
次?ヴィヴィオにはもうばれたから、つまり次の子か。


71 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/24(木) 14:02:24 ID:YQZosudJ
「ううん……違うの、フェイトちゃん」
「えっ、えっ……な、なのは?」
「あのね、フェイトちゃんのサンタコス、私も見たいの」




72 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/24(木) 16:21:26 ID:Sr2fxYZB
スバティア投下してみる

「ティーアー! あーさーだーよー! おーきーてー!」
「ううん……もう朝? うう……」
「おはようティア! 知ってる? あのね、今日はね、クリスマスって言ってね」
「んー? ああ、なのはさんから聞いてるわよ。たしかなのはさん達の世界の行事なのよね」
「うんうん、そうなんだよ! 今日は恋人同士が一緒に過ごす特別な」
「あーはいはい、わかったから、さっさと支度しなさい」
「……え?」
「だから一緒にどこか行こう、って言うんでしょ。ちゃんとプランは練ってあるんでしょうね」
「えー、あー、えーと、あるようなないような」
「なによ、あんたから誘ってきたんだから、ちゃんとエスコートしなさいよ」
「あー、えっと、だ、だいじょうぶ! あたしについて来て!」
「あら、言うじゃない。言っておくけど、適当なことしたら承知しないわよ? 『恋人同士で過ごす特別な日』なんだから」
「う……じゃ、じゃあまず最初はこれから!」
「って、こ、こらっ! んっ……」
「えへへ、おはようのキス、してみました。やっぱり朝はこれだよね」
「もう、いきなりなにするのよ!」
「う~、だ、だめだった、かな?」
「だ、だめじゃないけど……でもちょっとずるいわね」
「ティア、厳しいよお」
「あら、これでも甘いほうだと思うけど?」
「う~ん、が、頑張る」
「ん、頑張ってね。期待してるわ」
「ええええ、き、期待って、ティアのえっち……」
「なに妄想してんのよこのエロスバル!」



73 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/24(木) 19:32:50 ID:KW/gE/cl
微笑ましいなw
GJ!


74 455 sage New! 2009/12/25(金) 00:10:29 ID:fgN4H0+N
なんとも初々しいカップル
GJ!


75 ◆JhF0qDQSSc sage New! 2009/12/25(金) 04:45:35 ID:24l419QP
クリスマスなので復帰してちょっと八神家ものを投下。


76 ケーキ ◆JhF0qDQSSc sage New! 2009/12/25(金) 04:48:11 ID:24l419QP
八神はやての執務室にはミッドチルダでは見慣れないカレンダーがある。
第97管理外世界の太陽暦―いわゆる日本のものだ。
毎年向こうの年の瀬に帰郷するさいに調達している。
のだが、今年のそれには12月24と25日に赤色の走り書きを大きく黒で×印が上書きされていた。

「やっぱ、ずれこんだなあ」
「そうですね…」
と嘆息するのはこの部屋の主とその融合機である。
「今年は思いがけない事件が多かったですから」
リインが今年の業務を思い出す。
犯罪や事件はあのJS事件以降も減る様子はあまりなかった。
それでもこの2日だけは海鳴の町に帰りたかった。
「今年でついに記録もストップやなあ」
「あはは…」
リインは愛想笑いしかできない。
自分の主はこの2日を空けるためにいつもの三倍働いていた。
普段から人の三倍働いているくせに―
他の八神家のメンバーも同様で、
「皆がこの2日に揃って休む」ために尽力していた。
前年まではどうにかしてきた。
しかし、今年はその2日どうしてもはやてだけは管理局につめねばならなかったのだ。

そこまで大行事ではない。
雪が積もった街を見渡せる丘に行き、
翠屋で毎年同じデコレーションのケーキをオーダーして食べるだけのこと。
小さいことだが、八神家にとってとても大事な儀式だったのだ。

「まあいつかは無理な時がくるとは思うてたし」
なかば空元気のような笑いを浮かべるはやて。
「もうええ、ってことなのかもな」
今はもう会えないあの子なら言いそうなことだ。
―主、私ならもう大丈夫ですから―


77 ケーキ ◆JhF0qDQSSc sage New! 2009/12/25(金) 04:51:07 ID:24l419QP
「い、今からでも誰か代わってくれる人を探して…」
リインは諦めきれずに提案してみるが、
「リイン、もう決まったことなんや。管理職がわがまま言うたらあかん」
もはや揺るがない主にたしなめられてしまう。
「はやてちゃん…」
「さ、休憩終わり!仕事するでー」
そういって机に戻る主の背中はいつもより小さく見えた。



日本時間12月24日、夜
「んー、休憩ー」
みんな出払った管理局の自室で書類整理をしていたはやては軽くのびをした。
「…外はもう夜か」
コーヒーを飲みながらそんなことにいまさら気づく。
今日は待機ながら忙しかった。いや、忙しくしたのだ。
何かを考える時間がこないように。
忘れたいように。
「意外と未練たらたらやな、私」
一人ごちる。
彼女がいないことと言うか、一年のうちで彼女のことだけを想っていい日が過ぎ去ることが。

今からそのへんのお菓子屋へなぐさみにケーキでも買ってこようか。
そんな考えを張り巡らしていると、唐突にドアを叩く音が聞こえた。

「はやてちゃん、いる?」


78 ケーキ ◆JhF0qDQSSc sage New! 2009/12/25(金) 04:54:02 ID:24l419QP
「なのはちゃん?」
声は小学校からの親友だった。
「お疲れ様」
そういって入ってくる親友。
ああ、彼女は大体ここでの教導が多かったな。
「なのはちゃんも、ご苦労様」
と笑うと、彼女が何か包みを持っているのに気づく。
おそらくはこんな時間に現れた理由だろう。
「はやてちゃんにお届けものです」
おどけてその包みをデスクにおくなのは。
それは、よく見た包装紙。
「翠屋のケーキ…?」
「さっきエイミィさん経由で送られてきたんだけど。
はやてちゃんにって」
まさか…
はやる気持ちを抑えつつ、包みを開ける。

「あ…」
そこには今年諦めたはずのものの一つ。
十字架の飴細工と羽の形をした焦げ茶色のクッキーが乗ったシンプルなケーキが1ホール。


79 ケーキ ◆JhF0qDQSSc sage New! 2009/12/25(金) 05:01:07 ID:24l419QP
「…ずっと忘れなかったんだね、あの人のこと」
「どう…して?」
ここに?と言うより先に近くにメッセージカードがついてるのが目に入った。
そこには、

「今年はこられなかったようですが、毎年の大事な催しだったかと思い、勝手に作っちゃいました。
ご不要でしたら娘に持たせて返品してください。めりーくりすます。
  翠屋一同」

まずい。
なのはが近くにいなかったら年甲斐もなく泣いていたかもしれない。
それくらい、嬉しかった。
直接ではないけど、彼女のことを覚えてくれている人がいてくれたことを。

そんな想いにふけっているはやての心を読んだようになのはは切り出す。
「それじゃ、私帰るね」
踵を返し、退室しようとするなのはにはやてが慌てて声をかける。
「なのはちゃん」
「ん?」
「このケーキ、一緒に食べてくれへん?」
一人でワンホールは多すぎる。
それに、自分の想いを持ってきてくれたなのはへの感謝もある。
そんな感情からだったが、
「魅力的なお誘いだけど…」
なのはは苦笑して、
「それははやてちゃんたちの思い出だと思うから。
私はもらえないよ」
と断られた。


80 ケーキ ◆JhF0qDQSSc sage New! 2009/12/25(金) 05:05:41 ID:24l419QP
「ほうか…」
多少残念に思う。
「それにね」
ドアを開けながら笑ってなのはは言う。

「きっと足りなくなるよ?」
そういって去るなのはの後ろから大人数の足音が聞こえる。
みな、聞き慣れた音だ。
自分のために急いで仕事を片付けてきたのだろう。
不安だ。
これから家族の顔を見て泣いてしまわないだろうか。
けど、はやてはその前にすることがあった。
「なのはちゃん!」
立ち去る背中に声をかける。
「ありがとう!」
精一杯今年の臨時サンタに感謝の気持ちを伝える。
なのはは振り向くと、
「メリークリスマス、はやてちゃん」
と笑った。

さて、これから大変だぞ八神はやて。
みんなにプレゼントを渡し、料理をふるまいケーキをつままないとならない。
その間は一杯笑って。
そして報告するんだ。
「リインフォース、今年もみんな一緒やからな」


81 ◆JhF0qDQSSc sage New! 2009/12/25(金) 05:07:55 ID:24l419QP
PSP版の情報が出る度いてもたってもいられなくなった。
百合っぽくないのは勘弁。


82 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/25(金) 05:38:18 ID:rDsWsK2c
>>81
起き抜けにあたたかくて素敵なお話をありがとうございました
これで仕事納めも頑張れるわ


83 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/25(金) 10:49:16 ID:TasyDGkQ
クリスマスSS GJです。
スバティアの初々しさと暖かい八神家で
年始年始を越せる。


84 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/25(金) 23:08:22 ID:LXmDV25m
クリスマスの夜に仕事で遅くなったスバルを寒空の下で待つティアナ。
仕事を終えて大急ぎでティアナの元に駆けつけるスバル。
そして冷えきったティアナの身体をぎゅっと抱き締めて温めてあげるスバル。
心も身体もポカポカになって、恥ずかしそうに控えめに笑うティアナ。
透き通った星空を眺めながら手を繋いで家路に着く二人。

そんなスバティアが好きです。


85 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/26(土) 00:05:25 ID:tgjTXRqv
「はぁ……疲れた。 もう布団に潜って寝よ……」
「やっほ~、ティア! 先に布団に潜ってるよ♪」
「……はいはい。 私が入るんだから、もっと端に寄った寄った」
「うんっ。 ……ねえ、ティア?」
「何よ?」
「昔のティアなら私を追い出したりしてたと思うんだけど、最近はそうしないんだね」
「だって、あんたを追い出したところで食い下がって来るでしょ? 余計な体力を使いたくないのよ、今の私は」
「それでもいいよ。 ティアと一緒に寝れるなら!」
「ストップ。 一緒に入ることは許したけど、抱き付いて来るのは禁止」
「じゃあ、せめてお休みのチュウを……」
「余計イヤよ!」
「えー……」
「じゃあね、お休み!」
「ティア~……。 ふえぇ……ティアが冷たい~……」
「……はぁ。 手くらいだったら繋いでもいいわよ」
「本当!?」
「その代わり早く寝なさいよ!」
「は~い♪」
「全く……」
「えへへ~♪」



「(…………意外と手が温かいわね、こいつ……)」


86 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/26(土) 00:17:28 ID:1Ygu1os+
たまらんぬ


87 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/26(土) 01:48:53 ID:nbmHyofk
>>44
規制されててずっと書けなかったんで遅レスだけど
すごくよかったです。
天然っぽいなのはさんがかわいかった。
初めて書いたとのことだけど
また書いてください。


88 44 sage New! 2009/12/26(土) 10:12:46 ID:q8g2h0Oy
レスくれた方々どうもです。

>>36-43の続き投下します。
なのはさんの心情も微妙に混じえてみつつ。…どうにも変な人になってしまいましたが。
ふぇいとさんはへたれてます。




あれから数カ月。
なのはは時々キスをしてくれるようになったけれど、やっぱり進展はなかった。
今の状況に不満なんてない。でもこのままずっと受身でいいのかな、と少し思う。

―――よし、次の休暇の時にちゃんと告白しよう。

と決心して高町家に帰宅したある日のこと。


ヴィヴィオが寝付いたあとで、艦で終わらせられなかった仕事を片付ける。
なのはの入れてくれたキャラメルミルクを飲みながら。
うん、美味しい。
私の好みに合わせてくれていて、心まで暖まる感じがする。
緊張して仕事がはかどらないと困ると、
あまりこの後のことは考えないようにしつつ残務を処理していった。

「んんーっ」
仕事を終えて軽く伸びをすると
「あっ、終わった?」
背中側で教導の資料を読んでいたなのはが声をかけてきた。

「うん。……えっと、なのはさん、お話があるんですが……」
「どうしたの?改まって」
なのはの前に立って話を切り出そうとする。妙に緊張する。
口調やきっと赤くなっている顔で特に悪い話ではないと分かっているのだろう。
なのははなんだか楽しそうだ。


89 44 sage New! 2009/12/26(土) 10:13:19 ID:q8g2h0Oy


大丈夫。大丈夫だ。
この子も私を好きでいてくれるのだし、嫌がられたりはしない……はずだ。
と自分に言い聞かせながら一つ息をついて切り出す。

「な、なのは……私と友達じゃなくて恋人になって欲しい」
「えっ、いやだよ」

orz
誇張抜きでこんな姿勢になった。
『いやだよ……いやだよ……いやだよ……』
頭の中でエコーがかかる。
断られた。しかも即答だった。
私……なにか勘違いしていた?なのはにとっては遊び……な訳無い。

分からないなら聞けばいい、と顔をあげるとなのははしゃがみこんでこちらを見ていた。
苦笑気味の表情。嫌悪や不快の色はない、いつもの明るくて優しい目に安心する。

「どうして、嫌なのかな」
「だって、フェイトちゃんは大事なお友達だもん。友達やめたくないよ。
 フェイトちゃんはやめたいの?」
「…………そういう訳じゃないけど」
どうやらなのはは恋人になるという部分ではなくて、
友達じゃなくなるという部分に反応したようだ。確かにそう考えると私も嫌かもしれない。

「フェイトちゃんは恋人になってどうしたいのかな。
 私は今のままでもフェイトちゃんになら拒んだりしないのに」
「えっと……その……き、キスとか……」
「うん、いいよ」
あっさりと頷いて目を閉じる。
相変わらず迷わないしなんだか軽いけれど……少し頬が紅潮している。

(と、いうか……わ、私から?)
どう見てもキスを待つ体勢だ。


90 44 sage New! 2009/12/26(土) 10:13:47 ID:q8g2h0Oy

それに気づいた途端心臓がひどくうるさく鳴り出した。
あまり待たせるわけにはいかないと思い切って顔を近づけていく。
そして――唇を触れ合わせて静止した。

柔らかい

なのはの感触以外なにも分からないまま時間の感覚が消える。

「はぁ……えへへ、ちょっと甘いね」
キャラメルミルクの味だ。としばらく経って顔を離して笑うなのはに
言葉を返そうとしたが、頭がくらっときてそのままもたれかかった。
「ふぇ、フェイトちゃん?どうしたの?」

「……い、息するの……忘れてた……」
「ああもう……深呼吸、深呼吸」
背中をさすってくれるなのはにもたれかかったまま酸素を取り入れる。
なのはの匂いがする。
落ち着いて、それでいてドキドキする大好きな匂い。

呼吸が整ってもまだ少し酸欠気味にボーッとしている私をなのはは膝枕してくれた。
髪に触れてくれる手がとても優しい。
なのはには私の弱いところも情けないところも沢山見られてしまっている。
今更頑張って告白なんてしなくてもきっと許してくれる。
それでも―――

「なのは……好きだよ」
「……知ってるよ」

そう言いながらも今日一番の嬉しそうな笑顔を見せてくれた。
うん、始めからこう言えばよかった。
想いを伝えれば喜んでくれるとわかっていたから告白したかったんだ。
ただ君に笑って欲しかっただけだったんだ。


91 44 sage New! 2009/12/26(土) 10:14:07 ID:q8g2h0Oy
終わりです。
続けるつもりはなかったんですが、ふとネタが思い浮かんだんで書いてみました。
へたれ王子頑張るの巻。


92 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/26(土) 12:28:16 ID:SBuEOkc5
つまらない


93 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/26(土) 12:28:38 ID:SBuEOkc5
つまらない


94 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/26(土) 15:04:21 ID:nbmHyofk
>>91
GJ
二人ともかわいいw



95 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/26(土) 16:24:44 ID:eJjs54Vd
>>91
息を忘れるふぇいとさんに吐血した、GJ!
それにしても2回目でアンチがわくとはたいしたものだ
アンチがわくのは実力の証、これからも頑張ってくださいね


96 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/26(土) 16:46:12 ID:jxEN8tyr
orz
に激しく和んだww
GJ


97 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/26(土) 17:33:02 ID:9YRu3uvs
てかvividのフェイトさんの服は何故にあんなセクシーのばっかなんだ?趣向が変わってきたのかな。
来月が楽しみだ。どうやらなのフェイ、スバティア、キャロルーが見れるみたいだな


98 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/26(土) 17:49:53 ID:hXlzfPPD
Vividでルーテシアが用意した施設ですが、
あれは無駄につり橋効果を煽るトラップダンジョンです。是非カップルでどうぞ。

*おおっと!にくたいげんごだ!*
*おおっと!くちうつしだ!*
*ベッドの なかに いる!*


99 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/26(土) 20:19:39 ID:Edw3EHTc
>>91あますぎる
糖尿病になったらどうしてくれるんだwwwww

>>97ほら、フェイトさんはきっとなのはさんを誘惑したいんだよww


100 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/26(土) 21:08:19 ID:YDWAZe85
>>98
ニンジャになれば裸が一番強くなるんですね、わかりますwwwwww


101 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/26(土) 23:42:07 ID:iMw0icmN
>「えっ、いやだよ」
ナチュラルというか気負いのないなのはさんに萌えたwww
恋人になってもそれ以上にこの二人には大事な友達でいてほしいな
GJでした


102 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/27(日) 00:31:55 ID:pGRfWm3a
ノ (*・ヮ・)) なのはたべたいな


103 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/27(日) 00:33:19 ID:2Kv36tx8
>>91
なのはさんはあまーーい香りがしそうだw
GJ


104 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/27(日) 14:17:24 ID:o8pOkQXB
フェイトさんはへたれ攻めだけど、ときどき暴走して鬼畜攻めになるタイプだと思う


105 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/27(日) 14:51:58 ID:aGVGPxTB
>>104
・キスマーク
・ささやかなミミズ腫れ
・ささやかな火傷
・ささやかな歯型

この前、シャマル先生に全身くまなく診察してもらったなの。
そしたらそれ以降、なんだかよそよそしいなの。


106 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/27(日) 20:17:54 ID:idxUtu6M
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org501664.jpg
今月のViVidは1ページ目からニヤニヤできるなwフェイトさん馴染み過ぎだぜ
そして先月覇王様がデレたと思ったら今月はむしろヴィヴィオの方がデレデレになっていた



107 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/27(日) 20:23:17 ID:SmOF0xGm
フェイトさんの笑みに吹いてしまうwww
なんか得意げそうにみえるwwwww


108 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/27(日) 20:45:38 ID:7FxD4Dd8
フェイトそんwwwww


109 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/27(日) 20:48:32 ID:C50AHFQi
フェイトそん、何か裸エプロンしてるみたいに見えるなw


110 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/27(日) 21:09:33 ID:r8R0/Wl8
なのはさんがディ○ドー持ってるように見えた


111 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/27(日) 21:26:54 ID:2Kv36tx8
なのはさん胸大きくなったなぁ


112 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/27(日) 22:34:00 ID:/WA7rxHF
>>111
(・∀・)*\ < フェイトちゃんとの夜の営みの成果なの!



113 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/27(日) 22:35:33 ID:H8Z9Mgkq
ViVidの夢がひろがりんぐ過ぎる感じはどうかと思う
いいぞ、もっとやれ


114 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/28(月) 01:00:09 ID:H5Su1T59
自重しないvividが好きだ
なのはさんちでのフェイトさんの登場率が多すぎると思うんだJK
旦那ポジ確定だと思うんだ



115 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/28(月) 09:35:36 ID:YFp7zB9J
「フェイトちゃん、新しい車の乗り心地はどう?」
「うん、なかなか良いよ」
「ワゴンタイプの車だと運転しづらくない?」
「大丈夫だよ。 私の反応速度、なのはだって分かってるでしょ?」
「にゃはは、痛いほどに。
それにしても……」
「ん?」
「本当に広いね、この車。 座席を倒したら寝れるんだよね?」
「うん…………試してみる?」
「え……何でこんなところで停めるの?」
「この車だったら、前みたいに窮屈しなくてもいいんだよ?」
「やぁ……フェイトちゃん、まだお昼前だよ?」
「時間なんて関係ないよ。 私は四六時中、なのはの事が大好きなんだから」
「もう、フェイトちゃんのばかぁ……」
「うん、私はなのはバカだよ……」
「あん……」



「ママ達の迎えが遅い!」
「高町さん、抑えてっ!」


116 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/28(月) 13:16:32 ID:OLMfxdET
フェイトそん、そのためにワゴン車にしたんですねw
GJ


117 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/28(月) 14:40:14 ID:3SSUYMZ5
スレ住民に聞きたいんだけど
登場人物としてエリオが出てきちゃうのはNG?


118 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/28(月) 14:43:10 ID:lhtmEATd
ちょっとくらいならアリ


119 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/28(月) 15:08:59 ID:+Blug/nW
あくまでも百合から出ずにフェイトさんの母性を感じさせるような小道具(表現悪いなw)ならおkじゃないかと…


120 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/28(月) 15:27:26 ID:h/JE3cwW
ギン姉のドリルを突っ込まれた状態でなら、登場させておk。


121 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/28(月) 17:50:14 ID:YFp7zB9J
『かんぱーい!!』
年末も近付き、今日は私――ティアナ・ランスターの仕事納めの日。
そこに駆けつけたのは私の訓練校以来のパートナー、スバル。
2人揃って酌み交わすのはお酒。
私達は時間が経つにつれてどんどん羽目を外して行き……。
「ろ~したのよスバリュ~、私のお酒が飲めにゃいっていうにょ~?」
「ティア~眠いよぉ~」
スバルが寝そうにしているのを、私が一方的に絡み酒で起こしにかかり、スバルが眠い目を擦りながら私にお酌をする。
そんなグダグダの雰囲気の中、私はついに愚痴まで言い始める。
正直この時話した内容は覚えていない。
いないけれどろくでもない、我ながら取り留めのない話をしていたと思う。
そんなこんなで飲み始めて2時間くらい経った頃かな。
私がこの話をスバルにしたのは。
「……って感じで、私にさぁ~結婚相手でも見つけろって言ってくるのよ、そいつが!」
「そうなんだ……」
「家庭を安定させた方が仕事に取り組める~とかさ~、余計なお世話よねぇ全く!」
「ティア、落ち着いて……」
くだを巻く私に、甲斐甲斐しく世話を焼いてくれるスバル。
私は何だかスバルが可愛く思えちゃって。
「……ねぇ~、スバル?」
「どうしたの、ティア」
「私が男で、あんたがお嫁さんだったらいいのにねぇ……」
「…………え?」
そんな普段は言わないような、血迷った事を言っていた。
「そしたら私も仕事に打ち込めるのになぁ~なんて?」
「ティア、冗談は……」
「割と本気で言ってるのよ、私は?」
「……っ! 困るよ、ティア……!」
スバルが小声で何か言っているけど良くわからない。
私も大分酔っ払ったみたいね。
だって、ほら。
「ティア……」
スバルとキスをする幻を見るなんて、私は相当酔ってしまっているようだ。
幻なら。 夢なら。
スバルを受け入れるのも悪くないのかもしれない。
「スバル……ん……もっとぉ……」
ぽわぽわとした意識の中、私は体に感じる違和感を無視して眠りについた。
……翌日、目を覚めました私は違和感の正体にすぐに気が付いた。
「何で私、裸なのよ……」
それと、体の節々が痛い。
布団の隣には、何故か裸のスバル。
もしかして、昨日の夢は……。
「全て、本当にあった事?」
サッと血の気が引いた音。
嘘であって欲しいと起こしたスバルは……。
「ティア、おはよ……」
もじもじと女に目覚めたようなリアクション。
私はスバルの旦那になる決心を固めた……!


122 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/28(月) 22:11:24 ID:QJH9IAX1
>>121
GJ!
最後の一文が漢らしすぎるw


123 :名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/28(月) 22:35:08 ID:SrWpb2X6
今月のコンプエースそんなに凄いことになっているのか?!


124 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/28(月) 23:13:46 ID:neKfWx2b
>>123
明日朝一で買ってくるといい。ちょうど今月の話が単行本1巻の続きになるぞ
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org506338.jpg
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org506346.jpg



125 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/28(月) 23:23:36 ID:rFnIqZfF
ヴィータ→なのは⇔ふぇいと←シグナム
こんな感じのなのヴィSS投下します。
戦技教導隊に加わってしばらく経った辺りのヴィータ視点。
あまり百合っぽくはないかもしれません。



ああ、いてーなぁ
医務室に向かいながら独りごちる。
模擬戦でいいのをくらって結構なダメージを受けちまった。
新人共が成長してるのはまあ嬉しいんだが、
教官としては痛いツラなんか見せられないのがめんどくせぇ。
別に今の仕事は嫌いじゃねーけど、なんで受けちまったんだかなぁ。あたしは。

とか考えながら歩いていたら足元がふらついてよろけた。

――転ぶっ

一瞬身構えたけど肩を支えられて事なきを得た。
振り返ってみると、あたしをここへ呼び寄せた張本人――高町何とか、もといなのはが立っていた。

「大丈夫、ヴィータちゃん?」
「なんでもねーよ、こんくらい」
心配そうに声をかけてくるなのはに強がってみせる。
こいつには弱いところを見せたくない。と足を踏み出すと抱え上げられた。

「な、なにすんだっ。てめー!」
「無理しないの。前にはやてちゃんにもしてもらってたじゃない」
「は、はやては特別なんだよっ!降ろせ!」
「えー、私のことも守ってくれるって言ってたのになぁ」

ゆりかご内部でのことを言ってやがる。
アイゼンに残っていたあの時の記録映像を確認したときには
みんなに優しいような妙に暖かいような目で見られた。

――はやてのことも……なのはのことも守れねぇんだ!――

鉄槌の騎士ヴィータ一生の不覚。
必死だったとはいえ口に出すんじゃなかった。


126 44 sage New! 2009/12/28(月) 23:24:10 ID:rFnIqZfF


「……おまえなんか、はやてのおまけだ。おまけ」
「うんうん、おまけでも大事なんだよね」
まったく気にした様子もなくそのまま歩き出す。
溜息をつく。なんでこいつはこうもマイペースなんだか。
そりゃまあ、大事なものの中に入ってなくもねーし、守ってやりたいとも思ってるけどよ。
……あたしははやての騎士で、なのはには雷光の騎士がついてんじゃねぇか。
あたしのことなんか心配すんな。


「はあ、あんまり愛想振りまいてばかりだと旦那が泣くんじゃねーか?」
「旦那って………………フェイトちゃん?泣いたりはしないんじゃないかな」

泣くだろ。というかその間は何だ。
のの字を書いていじけている執務官の姿が瞼に浮かんだ。

「なのはだってシグナムがフェイトにこんな風にしてたら嫌だろ」
「うーん……」
少し考えるなのはだったがくすりと笑みを浮かべた。
「なんか、楽しそうだよね」
歩いてたらずっこけてる。やっぱりこいつ変だ。
怪我してなければの話だけどね、と付け加えるなのはに思わずつっこむ。

「いやいやいやっ、こういう場合浮気とかの心配するもんじゃねぇの?」
「えっ、それはないよ。だってフェイトちゃん私のこと大好きだもん」
「すげー自信だな……」
まあ、あいつ見てたらそうなるか。
誰にでも優しいけど、基本的になのはのことしか目に入ってないもんな。
どこにいてもなのはなのはで時々うちの将が落ち込んでる。


「あっ、そうだ。ヴィータちゃん今度のお休み予定ある?」
「ん……いや、特には……」
「私とヴィヴィオ海鳴に帰るんだけど、一緒にどうかなって思って」
「んーー」
考え込む。はやては仕事だし、じーちゃんたちにも会いたいから嫌じゃない。
巡航中の執務官が真・ソニックフォームで斬りかかってこなけりゃいいんだけどなぁ。
普段温厚な奴ほど怒らせると怖い。


127 44 sage New! 2009/12/28(月) 23:24:31 ID:rFnIqZfF


「ヴィータちゃんが一緒ならヴィヴィオにゲートボールで遊ばせてあげられるんだけどな」
「……仕方ねぇなー。そういうことなら一緒に行ってやるよ」
どこでもできる競技だがこっちの世界にはないし、
日本でも年頃の女が子連れで老人の集団に混ざっては行きづらい。
ヴィヴィオに教えてやればあたしも時々こっちで遊べるかもしれないな、と同意した。

「うんっ、ありがと」

ああ……だからそんなふうに笑うなっての。
あたしじゃなかったら勘違いしてるかもしれないだろ、まったく。
フェイトも大変だよな。



それから海鳴に帰って過ごした休暇は……まあ、楽しかったよ。ほんとに。
あたしは大人に変身しないといけなかったし、ヴィヴィオは虹彩異色を
隠さないとならなくて……周りを騙してる感じが少し心苦しかったけどな。

自宅に帰って楽しかったこと嬉しかったことをはやてに色々話すと

「あははー、なんやなのはちゃんのことばっかりやな」

と凄く楽しそうに言われた。
あいつが自分勝手に色々連れ回すからだよ、
と反論するけどやっぱりはやてはずっとにこにこしていた。


夜ははやての隣で寝た。
あったかくて優しいはやて。
夜天の騎士に温もりをくれた初めての主。
ずっと傍に居たい。

でも――あいつが抱えてくれた時とは違う感覚。
きっと、この気持ちには気づいたらいけないんだろうと封じる。
雷光が星しか見ていないように星もまた雷光に目を奪われていると分かっているから。


128 44 sage New! 2009/12/28(月) 23:25:16 ID:rFnIqZfF




ちなみに事件が思いの他あっさりと片付いて帰宅した執務官は
誰もいない高町家に居るのが寂しくて、シグナムに模擬戦を付き合わせていたらしい。

「全く、仕方のない奴だな。テスタロッサは」

なんて言いながらもいそいそと出かけて行ってボロボロになって帰ってきたそうな。
やたらと満足気な表情だったようだ。
いくらバトルマニアでも、それでいいのか……夜天の将?


129 44 sage New! 2009/12/28(月) 23:26:00 ID:rFnIqZfF

終わりです。
どうしてこうなった……。
姐さんに「テスタロッサ……」と言わせたかっただけなのに、いつの間にかなのヴィに。
とりあえずネタが思い浮かんだら今スレは44で書くんで、つまらなかったらNGに入れといてください。

ここの表現が謎、とかなら指摘してもらった方がありがたいんですが、なのはさんの心情は正直よくわかりません。
対ディエチあたりの迷いのない燃えなのはさんのつもりなので萌えるといわれて困惑気味だったり。


130 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/29(火) 01:26:07 ID:kVZ8qbxl
vividの今月号のラスト、
なのはさんが車を運転するフェイトさんに飲み物渡してるとこなんか
もう完全に夫婦のオーラが見えましたw


131 名無しさん@秘密の花園 New! 2009/12/29(火) 03:17:44 ID:IthGQ4FR
>>129
GJ!
なのヴィ大好物なんで出来たらまた書いてください!
しかしこれでなのはさんがヴィータを意図的に誘ってたりしたら個人的にかなり美味しい展開ですW


132 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/29(火) 08:01:47 ID:e1wyiqoM
GJ!
なのヴィの距離感は好きだが一方通行にしかなりそうにないと悲しいな
甘くないのがちと残念だ


心情がわからないというのはそれはそれで正解かなと思います。掴み所が無いと感じさせるところもなのはさんの性格だと思うので

私は、なのはさんの普段の性格は「優しく正義感の強い超絶前向きな天然(?)」みたいな感じに捉らえてます。惚れた相手は苦労しそうなタイプ。
そんな自分の感覚では、なのはさんらしく書けてたと思いますよ

それと、44氏はもっと自信を持つべき
また書いてくださいねー


133 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/29(火) 13:08:44 ID:oom/ZU07
噂のvividのツーショット見てたら、ヴィヴィオの居ぬ間に
台所で口では言えない様なイチャつきをするなのフェイの妄想が浮かんできた・・・。


134 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/29(火) 13:52:52 ID:HK+u6Izl
口で言えないなら書けばいいじゃない


135 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/29(火) 18:00:41 ID:SfKb2Wcv
>>130
む。そんなシーンがあったか。見直してくる


136 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/29(火) 18:39:07 ID:AZmGubvO
>>133
聖「自主トレ行ってきまーす」
雷「いってらっしゃい」
魔「いってらっしゃい」

………バタン
雷「なのはー!!」
魔「フェイトちゃ」
ガチャ
聖「忘れ物しちゃった」
雷「あらあら」
魔「うっかりさんね」
聖「もう一度行ってきまーす」
雷「いってらっしゃい」
魔「いってらっしゃい」

………バタン
雷「なのはー!!」
魔「フェイトちゃ」
ガチャ
聖「やっぱりトイレ行っておこっと」
雷「あらまあ」
魔「やあねえ、もう」
聖「今度こそいってきまーす」

フェイトママが居るときの、「だるまさんが転んだ」鉄板。しかしママたち手ゴワス。


137 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/29(火) 22:15:21 ID:kVZ8qbxl
しかしvividの若奥様二人はいつも一緒にいて一体何をしてるんだろう
vividではいつも料理してるけどw


138 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/29(火) 23:41:00 ID:SfKb2Wcv
何ってナn(ry
イチャついてるんだろう、ひたすら


139 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/30(水) 03:33:15 ID:6PZLtqG9
なのはキャラ同士でいちゃつかせるゲームをぶん投げてみる。
ttp://loda.jp/youseisan/?id=3999


140 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/30(水) 09:11:41 ID:VrpWlAXf
なのフェイ同人は3日目?

ヴィヴィとアインのもあるかなぁ


141 44 sage New! 2009/12/30(水) 09:26:15 ID:DU7jg5wO
自信を持つように言ってくれるのもありがたいのですが、
妄想のまま暴走するとこんな感じになりそうです。

なのふぇい変態Ver


食卓の準備を大体終えて辺りを見回す。
んっと、あとはパンが焼けるのを待つだけかな。

オーブンの方へ目を向けると
「フェイトちゃん♪」
背後からなのはが抱きついてきた。

「ん、はぁ……だ、駄目だよ。なのは……」
軽く耳を舐められて吐息が漏れる。
「どうして……?こんなに濡れてるのに」
「ひぁっ、だっ、駄目だって……」
スカートの中に手を入れられるとくちゅりと音が鳴った。
「嘘ばっかり。こんなエッチな格好で誘って……ずっと待ってたんでしょ」
「や、ああっ……うそじゃ、な……もうすぐ、ヴィヴィオが……」
「ふふっ、フェイトちゃんえっちだからちゃんとおねだりしたら、すぐにいかせてあげられるのに」
耳元で囁かれる。
なのはは体をまさぐりながらも一番弱いところには触れてくれない。
「ふぁあっ、な、なのはがこうしたくせ……に……あっ、はあっ、お、おねが―――」

チーン
オーブンの音が鳴る。

「はい、時間切れ」
「ひ、ひどいよ……なのは……」

体は疼いているけど、もうヴィヴィオが帰ってくる時間だ。
少し涙目になりながらもミトンを付けた。


おわり→ViVid?に続く



一応原作を重視してるつもりなので、自分を戒めておかないと。
自重してるはずなのにうちのなぬはさんとふぇいとさんは変なことを言い出すので困ります。


142 44 sage New! 2009/12/30(水) 09:27:03 ID:DU7jg5wO
ついでに超自重Ver


食卓の準備を大体終えて辺りを見回す。
んっと、あとはパンが焼けるのを待つだけかな。

オーブンの方へ目を向けると
「フェイトちゃん、もう終わった?」
なのはが声をかけてきた。

「うん、あとは待つだけ。なのはは?」
「私も今はすることないかな。……フェイトちゃん」
名前を呼ぶとなのはは何かを期待するようにじっと見つめてきた。
「う、うん……なのは」
なのはを抱きよせてそっと唇に触れる。
甘くて柔らかな感触に鼓動が高鳴る。
「ん……にゃはは、フェイトちゃん顔真っ赤だよ」
「な、なのはだって……」
そう言いながらももう一度顔を寄せていくと

チーン
オーブンの音が鳴る。

「……残念、時間切れだ」
「そうだね……」

もっとこうしていたかったけど、もうヴィヴィオが帰ってくる時間だ。
頬を上気させたままミトンを付けた。


おわり→ViVidに続く



変態っぷりを晒した後だとなんとも白々しいですが、
なのはさんとフェイトさんはこんな感じなんじゃないかなぁと思ってます。


143 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/30(水) 12:09:42 ID:d0qMzkSv
うわぁえろすGJ!
なのはさんが攻めかと思えば誘い受けか

むしろ自重せずにガンガンいこうぜ


144 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/30(水) 21:35:00 ID:VrpWlAXf
こうなったらヴィヴィオに見られながら...


145 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/31(木) 14:03:18 ID:d1XuDISt
ヴィヴィオ「ママ達ね、すごい仲良しでね、朝ご飯作るときもキスばっかしてるんだよ」
はやて「へえ、もっと詳しく聞かせてくれへん?」


146 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/31(木) 14:25:44 ID:4+SWUgO2
はwwwwやwwwwてwwww


147 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/31(木) 14:47:37 ID:VzNUwVoZ
ヴィヴィオ「クロノおじさまとエイミィおばさまみたく仲がいいよ。
       でもね、フェイトママがおでかけしてるときはね。ヴィータおねえちゃんが来るんだ。
       フェイトママもシグナムおねえちゃんとよくあってるみたいだし、ヴィヴィオよくわかんない」
はやて「へえ、もっと詳しく聞かせてくれへん?」
ヴィヴィオ「はやておばちゃん、なんか怖い」


148 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/31(木) 15:05:13 ID:fSgbDTmI
寝取られて泣き寝入りなる狸寝入りと…


149 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/31(木) 17:39:12 ID:kSQOKaiV
なあにまだシャマル先生とかリインⅡとかアギト・・・は微妙だけどカリムさんとかいろいろいるよ!


150 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/31(木) 18:43:15 ID:VzNUwVoZ
ヴィヴィオ「なのはママとフェイトママがお出かけしてるときは、シャマルおばちゃんが来てくれるんだよ
       でもシャマルおばちゃんがしてくれる遊びってヴィヴィオ好きじゃないの。
       あ、この遊びのことは他の人には内緒だった。
       だからはやておばちゃんも内緒にしてね。とくにママ達には内緒なんだって。」
はやて「へえ、もっと詳しく聞かせてくれへん?この泥棒猫」

教会
はやて「えらい話を聞いてもうた。カリムに相談せな。…誰かと話しとる」
エイミィ「カリムちゃん、ごめん。でも私はやっぱりクロノのことを愛してるの。それは今でもかわらない。」
カリム「そうだったわね。でも、いいの。わかってたから。でも伝えたかった。クロノに貴女を紹介されたあのときからずっと好きだった…」
エイミィ「カリムちゃん、本当にごめんね」
カリム「いいのよ。最初っからわかっていたもの。それにクロノは私の親友だから、貴女が彼にどれだけ愛されてるかも知ってる。ただ伝えずに入られなかっただけ。
     誤らなければいけないのは私の方、私の我侭を許してね」

カリム「はやて…」
はやて「ごめんな。立ち聞きする気はなかったんや」
カリム「かなわないことが最初からわかってて、それでも諦められない恋ってつらいよね」

はやて宅
はやて「衝撃の展開に相談ができんかったわ。台所ん方で声がする」
アギト「だめだよー。シグナムに悪いよ」
リインII「シグナムは気にしたりしませんよ。さあ、観念して食べさせなさい」
はやて「あんたらもそういうかんけいだったんか…」
アギト・リインII「そういう関係…?」
はやて「みなまでいわんでええわ。お邪魔虫は風呂は言って寝る。今日は疲れた」


ベッドにて
はやて「いいんや。誰にも愛されなくたって、わたしにはセクハラがある」

管理局
クロノ「局内でのセクハラ問題の解決のためにオーリス・レジアス君に働いてもらうことになった」
フェイト「お兄ちゃん、それ私がやるはずの仕事だったのに」
クロノ「おまえが担当すると、あの問題児に対して甘くなるからな。セクハラは重大な犯罪だ。厳格に対処しないと」
フェイト「…エイミィ義姉さんがお尻なでられたからって」
クロノ「おまえだって、なのはの胸がもまれるのは嫌だとか、なのはと一緒のベッドにエロ狸が紛れ込んでて信じられないとか、
    キャロにまで手を出して信じられないとか、ヴィヴィオには近寄らせないとか、いつも言ってたじゃないか」
フェイト「…たまにはお灸も必要よね」


151 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/31(木) 23:38:05 ID:kJ3oQpuY
コミケでヴィヴィオ×アインの本ゲットして妄想が止まらないぜー



152 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/31(木) 23:38:54 ID:4+SWUgO2
エロじゃなくてほのぼの?
だったら欲しいよおおおおお


153 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2009/12/31(木) 23:46:27 ID:kSQOKaiV
もうあるのかよw単行本出たらもっと増えるかね
今月のVで覇王様にベタ惚れなヴィヴィオを見てるとニヤニヤが止まらない


154 【大凶】 【439円】 sage New! 2010/01/01(金) 00:15:00 ID:bhs3b84R
お前らあけおめ
今年も本編を応援しつつ百合妄想頑張っていこう


155 【1937円】   【大吉】 sage New! 2010/01/01(金) 00:59:11 ID:GicSYYhE
あけおめだぜ
全てのカプに幸あれー


156 【凶】 【1327円】 sage New! 2010/01/01(金) 01:02:28 ID:MG59YLA6
あけおめー
リリカルリリーは永遠に不滅なの


157 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/01(金) 02:07:55 ID:mKzje+9S
さて、あけおめ早速やけど、なのフェイ姫初めの●REC準備せなあかんな。


158 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/01(金) 02:14:11 ID:KP94iFgC
ヴィヴィオに妹できるで


159 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/01(金) 02:57:33 ID:8ExC5cqt
もう終わったらしいよ。
フェイトスレでフェイトそんが言ってた



160 【大吉】 【886円】 sage New! 2010/01/01(金) 03:17:10 ID:Eclp1IaT
ViVidであとどれくらいなのフェイ妄想を膨らませられるのだろうか


161 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/01(金) 03:29:06 ID:lBXBDN4c
問題は娘タイプのほうが未来ってことだ・・・
どうせ矛盾とか出るだろうが


162 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/01(金) 12:05:11 ID:6HmUatJW
あけおめ。
唐突だが、ティアナは初詣に気合いれて晴れ着を着ていくと思うんだ。
そして、スバルにからかわれつつ褒められてツンデレすると。


163 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/01(金) 22:43:05 ID:8ExC5cqt
>>150
いくらはやてでも「泥棒猫」は言わんと思うが


164 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/01(金) 23:31:44 ID:lBXBDN4c
エイミィとカリムって何かあったか・・?


165 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/02(土) 17:38:47 ID:B34cWuUs
>>164
最初、クロノで書いてたけど、板に合わせて変えた。



166 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/03(日) 02:39:14 ID:L+TRAXjT
そろそろなのフェイは姫始めを済ませている頃か


167 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/03(日) 03:50:53 ID:Es83pwH7
>>164
おおっと、そいつは野暮ってモンだぜ
本編で絡みがなくとも意思力で補うのが正しい紳士だ


168 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/03(日) 04:58:34 ID:aYH6C6A9
『今からなのフェイシグシャマスバティア姫始め鑑賞会始めるでー。あ、代金は要らんから。
代わりに乳揉ませてや』

なんで俺は男なのだorz


169 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/03(日) 12:05:31 ID:9CILGj6Z
Force見てないんだけど百合要素は全くないの?


170 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/03(日) 15:20:34 ID:KCChkbEc
>>169
ほぼないねー。
主人公が男で登場人物同士の関わりがまだ薄いし。


171 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/03(日) 16:29:45 ID:Es83pwH7
百合分薄いのをvividやメガミで補ってる感じだよな


172 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/03(日) 16:46:45 ID:k6MmPfJM
羽根突きで負けて、なのはに墨で顔に×を描かれて

「なのはに…汚されちゃった…(はぁと」とニヤけた9歳の冬。


173 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/03(日) 18:20:03 ID:L+TRAXjT
なのは「フェイトちゃんに・・ry」
で二人ともアリサに突っ込まれるんじゃないか


174 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/03(日) 21:35:57 ID:E2h7Z+SI
すずか「アリサちゃん私も汚し「あんたは負けっこないでしょうが!」」
新年早々突っ込みで忙しそうだ


175 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/03(日) 23:34:34 ID:6V0JILnE
>>172をアリサちゃんで再生するのもまた一興やね


176 44 sage New! 2010/01/04(月) 00:10:35 ID:hRANi+X2
はやて視点のはやて×すずかSS投下します。
とらハから夜の一族設定を引っ張ってきているので、
すずかに発情期なんかないやい、と拒否反応がある人は回避してください。





「あー、久しぶりやなぁ」
海鳴の地に降り立って、懐かしい空気を吸い込む。
海の潮と森の緑の混じり合った優しい風を感じながら歩き出した。

巨大な月村邸の前に立ってチャイムを押す。
「はやてちゃん、いらっしゃい。久しぶりー」
「お久しぶりですぅ。はやてちゃん」
すずかちゃんとファリンさんが満面の笑みで出迎えてくれた。
「どうも、お久しぶりです。すずかちゃん、ますます美人さんになって。
 ファリンさんは相変わらずのべっぴんさんや」
「あはは、ありがとう。はやてちゃんはなんか凛々しくなったというか……威厳出てきたね」
「それ、褒め言葉なんやろか?」
「当たり前だよ。格好いいよ。とりあえず、中へどうぞ」

すずかちゃんに先導されて部屋にお邪魔する。
ファリンさんのドジは治っていないらしい、
ひっくり返りそうになる彼女を手助けしながらお茶の準備をしてもらった。

「やっぱりみんな忙しいんだよね」
「せやな、結局予定空いたんは私だけや」
たまたまできた休日。
うちの子らやなのはちゃんフェイトちゃんも連れてきたかったけど、
忙しうてそうそう予定が空くはずもなく。リィンもメンテで来られんかった。
「でも、はやてちゃんに会えて嬉しいよ」
「ありがとうな。私もすずかちゃんとファリンさんに会えて嬉しいよ。
 アリサちゃんも忙しいんよね」
「うん、卒論に加えて家業の方も手伝ってるから大変みたい。最近は私も滅多に会えないんだ」
「そかそか。まあ、しゃーないな。でも、すずかちゃんだって卒論大変やろ。
 ええんかな、こうして遊んでもらってて」
「もちろん。たまにしか遊べないお友達がせっかく来てくれたんだもん。
 ……なんだか、当たり前に遊べてた昔が嘘みたいだよね」
「うん……でも、私らみんなどこにいても友達やからな。
 寂しいことなんてない、と思う」
「そうだね。……あっ、そういえばこの前凄く面白い本見つけてね――」

と読書家のすずかちゃんに本を勧めてもらったり、にゃんこたちと遊んだりしながら楽しく過ごした。
やっぱり、懐かしいな。
今はこっちの本をゆっくり読んでる暇なんてほとんどないし。
すずかちゃんと出会ったあの図書館にもまた行けたらええんやけど。




177 44 sage New! 2010/01/04(月) 00:11:10 ID:hRANi+X2
「はー、相変わらず大きいベッドやねぇ」
夜になってすずかちゃんと一緒に寝ようと寝室へ入って感嘆する。
広いベッドは私も慣れてる方やけど、こんなん一般家庭にゴロゴロ置いてあるもんやない。

「うーん、まあ、そうだよね。というか、この屋敷自体が二人だと広すぎるかな」
月村家の財産だからそうそう始末するわけにもいかないんだけど、と
少し寂しそうになるすずかちゃん。
姉夫婦もお付きのメイドもドイツに行ってしもうて、こんな広いお屋敷で二人っきり。あとはにゃんこたち。
八神家はここまで広くないけど、家族が二人だけになったら寂しくて仕方ないやろな……。
「まあまあ、今日は私もいるからな」
「うんっ、一緒に寝よ」
とベッドに潜り込んでいくすずかちゃんの後に続いてお邪魔した。
そして、暗がりの中見つめ合って会話をする。

「えへへ、いくつになってもお泊りは楽しいね」
「そやね。何やワクワクする感じやな。
 普段は外に泊まるときでもたいてい仕事やから余計にな」
「……お仕事大変なんだよね」
「んー、それなりにな」
「危ないこと……してない?」
「してない、ワケやないけど……なのはちゃんやフェイトちゃんに比べたら断然マシや。
 もっと前線に出てみんなを守るためにこの命使いたいけど、適正ってもんがあるわな」
「だ、ダメだよっ!はやてちゃんの命ははやてちゃんが幸せになるために使わなきゃ」
「……ありがとうな。でもな、私はこうして生きてるのが幸せなんよ。
 沢山の人を傷つけて、それで得たこの命。贖罪の意味もあるけど、私はこうやって生きたいんや」
「うん……でも、私ははやてちゃんが傷ついたら泣いちゃうよ。
 それはちゃんと覚えておいてね」
「うんっ、ありがとう……」

少し泣きそうになる。
この子や他のあったかい人達を悲しみから守りたくて今の道を選んだ。
闇の書事件で犯した罪を考えると自己犠牲の精神で仕事に臨みたくなる。
でもそれはきっと間違ってる。
私が悲しんだり苦しんだりすれば泣いてくれる人たちが沢山居る。
だから、皆を悲しみから守りたいなら自分のことも守らんとな。


そうやって話しながらそろそろ寝ようかと目を閉じると、
すずかちゃんが少し苦しげな吐息を漏らす。

「すずかちゃん……?体調悪いんか?」
「ご、ごめん、はやてちゃん。ファリン呼んできてくれないかな?
 その……あれ、来ちゃって……」
あれ――すずかちゃんの生理は私らとは少し違う。
子を為すためのメカニズムには違いないけど、エッチがしたくてたまらんようになるらしい。
普段はメイドさんに手伝ってもらって解消してるらしいけど……。
この優しい友達を放っておきたくない。



178 44 sage New! 2010/01/04(月) 00:11:45 ID:hRANi+X2
「なあ、すずかちゃん。私がやったらダメかな?」
「はやて、ちゃん。嫌じゃないの?」
「嫌なわけない。嫌やったらさっさとファリンさんに任せてるよ」
「ごめ、ん。お願い、してもいいかな……」
「ええよ……普段はどうしてもらってるんかな?」
「そ、そのっ、あそこをお口でいじってもらって……」
「了解や」

すずかちゃんのネグリジェをまくりあげて下着に触れる。
もうそこはぐっしょりと濡れていて履いている意味をなしていない。
さっさと脱がしてしまおう。

「んくっ、ちろ、れる……」
秘所に口を近づけて舌で撫でていく。
普段のセクハラでこんなことはしないから甘酸っぱい蜜の味に少し戸惑いながら。
「ふぁ、ああっ、はやてちゃんっ、きもちいっ……もっとしてっ」
清楚ないつものすずかちゃんからは考えられないような色香が漂う。
求められるままに舌の動きを速めていく。
「は、ああっ、あああっ……はやてちゃんっ……あ、ああっ、ふぁっ……」
舌の動きに合わせてとくんとくんと溢れる蜜をなめとる。
そして、クリトリスを思いっきり吸い上げた。
「ひぃあっ、ああっ、ふぁああああぁぁ――」
絶叫のような喘ぎとともにびくびくと体を跳ねさせて、すずかちゃんはくてっとベッドに横たわる。
そのまま、すぅすぅと寝息を立てだした。

ベッドには愛液が垂れ落ちていてこのまま寝かせておくんはまずいな、と
ファリンさんを呼んで後始末をしてもらった。
それから、私は別室にすずかちゃんを運んで一緒に寝た。

翌朝すずかちゃんは物凄く気恥しそうにしていた。
でも、こんなことでどうにかなるほど私らの友情はやわやない、と思いたい。
少しぎこちない会話を交わしながらも、もう休暇は終わる。
後は石田センセと翠屋さんに挨拶したら発たんとな、
と月村邸を後にしようとしたらすずかちゃんが抱きついてきた。

「はやてちゃんっ……」
「な、なに?」
「あのっ、そのっ、ありがとね……凄く嬉しかった」
「……どういたしまして、や」

うん、この子の役に立ててよかった。
罪の意識は消えなくてもこうして大切な人が喜んでくれるのが嬉しくて、
それがきっと私の生き方やから……このままずっと歩んでいこう。



179 44 sage New! 2010/01/04(月) 00:12:12 ID:hRANi+X2
終わりです。
スレでのはやての扱いが悪すぎて泣けてきたので書いてみました。
セクハラ大王はネタとしてはおいしいけど、
本来は心優しく正義感の強い夜天の主のはず、という主張を込めて。
でも、恋愛的にはなかなか他キャラと絡めづらかったので小細工を弄してしまいました。

この程度ならエロはなくても良かったかなぁ、
と思いつつも百合的には完全に恋愛要素排除はよくないのかな?と一応入れてこんな感じに。

続けて>>88-90の続き
糖度は下がって微エロが入りました。
でも、やっぱりヘタレるふぇいとさん。


180 44 sage New! 2010/01/04(月) 00:12:48 ID:hRANi+X2
「あれ、なのはー?」
帰宅しても玄関先に顔を出さないなのはを呼びながら部屋の中に入っていく。
…………いた。
リビングのソファに座ったまま眠ってしまっている。
遅くなっちゃったもんね。待たせてごめん。
もうお風呂は済ませているようでパジャマ姿で髪も結んでいない。
執務官服の上着を脱いでから、一度起こそうか
このままベッドに運ぼうかと考えながらも近くへ寄っていく。

寝顔、かわいいな……。
と眺めていると軽く開いた艶やかな唇に目を奪われる。
あれから何度も自分からキスしようと試みてみたけれど、
深い空色の瞳で見つめられると身動きが取れなくなってしまって結局出来ずにいた。
見ているとなのはの方からしてくれるからさほど問題はない。

――でも、もっと伝えたかった。
好きで、好きで仕方が無いのだと。
なのはにはもう全部知られてしまっているとしても。

今、なら……出来るかな。
まぶたが閉ざされている今なら。
卑怯者と心のどこかで囁く声があったがもう止まれなかった。
ソファに膝をついて背もたれに手を乗せる。
そして顔を寄せていってぷるんとした柔らかな唇を奪った。

(なの、は……)
心のなかで名を呼びながら時々角度を変えて唇を触れ合わせる。
心臓が激しく打ち鳴って少ししてから顔を離して息をついた。



「もう、いいのかな……?」
パチリと目を開けてなのはが言った。
「な、なのはっ…………起きてたの?」
「あんなにされたら起きるよ」
「……ごめん」
「ちゃんと寝る前にフェイトちゃんに会いたかったから、
 起こしてくれたのはいいんだけど……もう、いいのかな?」
「…………まだ、してもいいかな」
「うん……」
と頷くなのはに口付ける。
眠っていた時より遥かに緊張して、そして嬉しい。
もっと深く繋がりたい。と舌を挿し込んでいく。
なのはは一瞬驚いたように体を強ばらせて―――力を抜く。

「ん、ふ……なのは……」
「んんっ、は、ぁ……フェイト……ちゃん……」
時折名を呼び合いながらも舌を絡めあう。
あれ……?なんか……。


181 44 sage New! 2010/01/04(月) 00:13:13 ID:hRANi+X2
「……フェイトちゃん?」
顔を離して曇った表情になる私を不思議そうに見てくる。
「…………なのは、もしかして……慣れてる?」
と呟くように問いかけると
「い、いふぁいれふ……」
ムギュッと強めに頬をつねられた。

「なーんでそんなこと言うかなぁ、この口は」
怒ってる。
にこにこと笑っているが怒気が放たれている。
「……だって……なんか上手だし……」
さっきのキス。ぎこちなくしか舌を動かせない
私に反して、なのはは優しくほぐすようにちろちろと舐め上げてきた。
やたらと器用に動く舌から導き出された推論に少し落ち込んでいると、なのはは指折り数え始めた。
「……フェイトちゃんで10人目くらいかな」

がーん……がーん……がーん……
い、いつの間にそんなに……ずっと一緒にいたのに気付かなかった……
どうして私にはしてくれなかったんだろう……

「って言ったら嫌いになるのかな?」
「そ、そんなわけないっ……なれる訳無い、けど……ちょっと寂しいよ。
 私にはなのはしかいないのに……」
「……なのはさんだってちょっと寂しいよ。こんなことフェイトちゃんにしか許さないのに」
後にも先にもね。と言うなのはに安堵しつつ変に誤解をしたことを謝る。
「ごめん……。でも、どうしたらそんなふうに上手く出来るんだろう」
尋ねてみると、上手いのかなぁ、と困ったように軽く頬をかくなのは。
「私が上手いんじゃなくて、フェイトちゃん緊張しすぎなんじゃないかな。
 する時ガチガチだしちょっと震えてるでしょ」
「それは……緊張するよ。好きな人とこんなことしてたら。
 なのははいつも平然としすぎだと思う。なんだか私の方ばかり好きみたいだ……」

「……そんなことない」
ポツリと呟いて私の頬を両手で包んでから更に続ける。
「そんなことないよ。この綺麗な瞳と優しい心を持った貴女でなければ、
 求めに応じることも自分から求めることもしない。……好きだよ、フェイトちゃん。本当に」

―――機能停止。
いつもの軽い言い方ではない、友達の延長とはまた少し違った意味の好き。
真っ直ぐな目線に拘束されて動けない。

そして、なのはは頬に当てた手を首に回して自分の方へ引き寄せた。
「んむっ……ん、んんっ……な、なのっ――んぅっ」
唇を塞がれ舌を吸われる。
息をつく間も与えないような激しいキス。
少し苦しい、けど……なのはに求められているのが嬉しくて気が狂いそうになる。
そうやって少し長いキスが続いた後に舌がなのはの歯にあたって――

「――んんっ!」
ビクリと体が震える。
あれ……これって……
混乱しながらも愛液がとろとろと流れだすのを感じた。



182 44 sage New! 2010/01/04(月) 00:13:38 ID:hRANi+X2
「ふぇいと、ちゃん……?」
様子がおかしい私に気づいたなのはが心配そうな声をあげる。
「また……酸欠になっちゃったのかな。……ごめんね」
「ち、違う、けど……」
顔を合わすことが出来ずになのはの肩口に顔を埋める。

「?……大丈夫?」
疑問符を浮かべながらも背や髪を撫でてくるなのはの手が耳に触れて
「ひゃぅっ……」
変な高い声が出た。
体が敏感になりすぎてしまっている。
ああ、そういうことなのかな……となのはは呟くと私の髪をかきあげて耳を食んだ。
「ふぁっ、なのは……なの、はぁ……」
抵抗も反撃も出来ずにただ名前を呼んでなのはにしがみつく。
「フェイトちゃん、可愛い……」
耳元で熱くてとろけるような甘い声。
その声に誘われて柔らかな舌でなぞられて……また、あっさりと絶頂を迎えてしまった。


(ぅぅ~~)
どうしたらいいんだろう。
今はあまり力が入らなくてなのはに抱きしめてもらっている状態。
これ以上何かするつもりはなさそうで安心して身を預けていられるのは嬉しい。
けど、あんな恥ずかしい有様を見られてこれからどうしたらいいんだろう。

「……えっと、フェイトちゃん、体辛かったり苦しかったりはしない?」
「…………平気」
「うん、よかった。それなら……お風呂入ってきた方がいいんじゃないかな。
 ……その、ちょっとぬるぬるしてこれ冷えたら風邪ひきそう……」

慌ててなのはの上から飛び退くとパジャマの布地がない部分、
腿の上、要は私が乗っていた辺りは愛液がなすりつけられて、濡れ光っている。
と、なのはは指先でそれをすくうと口に含んだ。

「こんな味なんだ……」
「な、なななな、なのはっっ!」
「凄く濡れてるみたいだし、直接フェイトちゃんの舐めた方がいいのかな?」
「ないない、そんなことないですっ。お風呂入ってきます!」
そんなことされたら恥ずかしさのあまり死んでしまいそうだ。
ブンブンと頭を振って急いでお風呂の方へ向かった。

服を脱いでぐしょ濡れになったストッキングを手に呆然とする。
どうしよう……これ……
キスだけでなんでこんなに……
ますます緊張する材料が増えてしまったようだ。
だけど、なのはにも感じて欲しいからそうも言ってられない。
もっと頑張らないと。


お風呂からあがると洗おうと思っていた例の物が消えていた。
パジャマを持ってきてくれたときになのはが洗ってしまったらしい。
洗濯なんていつもの仕事だし、善意でやってくれてるのは分かってるよ。
あんな風になった下着を厭わず洗ってくれることに愛も感じるよ。
でも、少し泣きたくなるのはどうしてだろう……。


183 44 sage New! 2010/01/04(月) 00:14:15 ID:hRANi+X2
終わりです。

当初の予定としては、
フェイトさんが攻めてひたすらなのはさんとちゅっちゅラブラブする話。
だったのに…あれ?どうしてなのはさんが攻めてるんでしょうね。不思議です。


184 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/04(月) 01:34:53 ID:MpUDYMy+
>>183
GJ!!


185 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/04(月) 01:42:35 ID:/yu7i+Ic
両作ともにGJ!
エロス度が上がっているだと…?

真面目な部隊長に吹いてしまった私は相当毒されているw
フェイトそんがヘタレすぎて攻めきれないとこんな感じになるのか
なのはさんが実にエロくていい


186 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/04(月) 02:22:32 ID:jnExiN2g
>>180-183
gjすぐる。
新年早々いいもの見たわ


187 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/04(月) 13:43:56 ID:Q7elny/0
今更気付いたけどC77の商品「なのは&フェイト&ヴィヴィオ 高町一家のあったか岩盤浴シーツ 」
高町一家にフェイトそんが混じっている・・・だと・・・


188 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/04(月) 14:44:51 ID:beeFBzqZ
夏コミのドラマCDSide-Nでもフェイトそんと合流するトラックが
「高町一家集合」だったしもうそういうことでいいんじゃないでしょうか


189 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/04(月) 14:54:57 ID:BFxNdGxo
とっとと結婚すればいいのに。
同性婚が認められてない野蛮な国じゃないだろうし。

そういえば美由紀姉に浮いた話がないのは、エイミィ(かクロノ、またはその両方)のことが好きで
クロノとエイミィが結婚しちゃったあとも思いを振り切れてないせいかと思ってたんだけど

公式設定でブラコンだったのか。残念。


190 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/04(月) 15:12:48 ID:MpUDYMy+
なのフェイはもはや公式ネタだな

中の人も認めてるどころかそっち推奨っぽいし


191 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/04(月) 17:24:48 ID:GQhnvVvw
文字通り運命の人だしな。
映画のCMの「少女は「運命」とであう」って二つの意味がかかってるのか?


192 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/05(火) 00:12:10 ID:XHDpHn8F
不純な気持ちでなのはさんに迫ったら、
ピンクの光で天に召されるというのが男性チームでの定説ですが、実は少し間違っています。
実際には、ピンクの光より先に金の稲妻が飛んでくるそうです。ええ、何キロ離れていても一瞬で。
「汚れた手でなのはに触るなあwせdrftgyふじこ!」


193 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/05(火) 00:20:20 ID:3oLD4XId
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org529603.jpg
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org529610.jpg



194 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/05(火) 02:07:40 ID:InvwC7cp
慰めのキスもえっちいキスもいいなぁ
禿萌え


195 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/05(火) 11:51:44 ID:iH2cXYR8
>>192
逆verもありそうだな


196 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/06(水) 01:56:20 ID:68m3TIbB
⌒*ヾ)(z*・ヮ・)z(ノ ヾ(o・x・o)ノ
私たちの漫画が23位に入ってるよ、やったねクリス!!
リリカルヴィヴィオ…始まります
(p)ttp://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/books/466280/ref=pd_ts_pg_1?ie=UTF8&pg=1


197 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/06(水) 04:34:48 ID:/QAgZt2+
>>192
サウンドステージMによると、フェイトは「ユーノを応援してた(九歳時)」んだけど
ユーノとなのはは、そういうものが関係ない幼馴染とお互いを思ってて、「応援されても友達でしかないし」って感じで
20くらいでやっとクロノとフェイトも二人の関係に気付いた感じらしい。

つまり、フェイトは自分の気持ちが恋愛的なものとは、ストライカーズ時点で思ってないことになる。(サウンドステージのお風呂の話とか、無自覚にはあるくさい)。

また、当初の予定では、機動六課の宿舎の部屋割は、フェイトはエリキャロと一緒のつもりだったらしいが、
どういうわけか、なのはと一緒の部屋になってしまった。
エリキャロの遠慮のせいでないのは確かなので、 なのはさん の希望と思われる。

自分の気持ちに無自覚なまま、なのはさんに誘われるまま同棲&同衾するフェイトさんは天然すぎるぜ。
何の疑問ももってないんだろうなー。
はっきりと告白されたらどうなるんだろう?

なのはさんは魔性の人。
わざとその状況を楽しんでたりするんだろうか?


198 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/06(水) 06:40:16 ID:K8s6nmdV
>>197
>エリキャロの遠慮のせいでないのは確かなので、 なのはさん の希望と思われる。
フェイトとエリキャロを自分の希望優先で引き離すようなことはしないだろjk

なのはさんが魔性の人てw
髪を洗ってあげてる間フェイトそんがドキドキしてるのを楽しんでたりするのか


199 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/06(水) 08:12:43 ID:YKKMnJna
むしろ、なのはさんの方が無自覚に思えるけどな。で、部屋割りは狸の所為だと思っていたが。

「同じ部屋でええか?」「うん、フェイトちゃんのこと大好きだからいいよ」「ちょ…なのは…」
「ベッド一つでええか?」「うん、フェイトちゃんのこと大好きだからいいよ」「(そんな、あっさりと…)」
「ほなそういうことで。フェイトちゃんもええやろ?なのはちゃんのこと大好きなんやし?」「わわわ私はそのあwせdrftgyふじこ」


200 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/06(水) 10:44:38 ID:qcMGDpEa
ここでまた狸かよ・・・部隊長根回し流石すぎるだろ・・・


201 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/06(水) 13:56:59 ID:CPBI0Mz+
> なのはさんが魔性の人てw
> 髪を洗ってあげてる間フェイトそんがドキドキしてるのを楽しんでたりするのか
ありえなくもない話だ・・・




202 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/06(水) 18:30:05 ID:tQiVINKX
フェイトさんは無自覚であんな服で寝てた訳だが。
あれはなのはさんも計算外だろうか?


203 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/06(水) 19:00:07 ID:8hvIYAWh
無自覚に誘惑し合い無自覚に惹かれ合って無自覚に二人だけの空間を作り出す




204 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/06(水) 19:18:28 ID:/QAgZt2+
>>192
そこは、その…あれだ、三人のためを思ってのことでもあるんだよ。
フェイトとエリキャロの距離感問題とか考えると、保護者と同室はまずいと。
実際、あとでその予定だったって話を聞かされたときに、エリオとキャロの反応も
「公私混同の特別扱いで申し訳ないから別部屋でよかったです」って趣旨のこと言ってるし。
ヴィヴィオへの態度も厳しいなのはママと甘甘フェイトパパらすぃし。

だとすると、「公私混同ななのフェイ同室」もフェイトからって可能性もある……。
よくないと思いつつも、欲望に負けて天然フェイトの誘惑にのっちゃう、なのはさん。


205 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/06(水) 19:24:57 ID:/QAgZt2+
>>192じゃなくて>>198ですた。ごめんなさい。


フェイト「最近、ユーノ君とはどうなの?進展あった?」
なのは「だからフェイトちゃん、いつも言ってるようにユーノ君とはただの友達なんだってば」

はやて「ユーノ君かわいそうやな」
フェイト「うん。なのは鈍いから」

ユーノ「なのはも可哀想に」
なのは「うん、一番鈍いのはフェイトちゃんなの」



206 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/06(水) 22:38:41 ID:7ToGNKsj
今月のvividで気になったんだけど
冒頭のフェイトがなのはとヴィヴィオを見送るシーン。

二人が家を出ているって事はフェイトはあの家に「一人」で残ったってことなのかな?

仮にだとしたらフェイトがその後仕事とかで外出する時、戸締りのための
鍵が必要になると思うんだが。

だとするとフェイトはなのはの家の鍵持ちというスバらしい展開が!
 一方、単に留守をあずかるにせよ家主のいない家とは、やはり強固な
信頼があるということ!

まぁこの仮説はアイナさんの存在があった場合一蹴されるが


207 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/06(水) 22:47:41 ID:LUesBrcB
地球的なカギがあるとしたら
なのフェイの信頼関係でカギ渡してないはずないだろ


208 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/06(水) 22:59:47 ID:I6t7EZMR
>>206
Vivid1話を思い出せ
なのはもヴィヴィオもいない家にフェイトが当たり前のように入って料理してるぞ


209 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/06(水) 23:00:24 ID:tQiVINKX
フェイトの家の鍵も当然。本当単身赴任のパパだな。
なのはは通い妻か・・狸から「一緒に住めばいいやん」とか言われてそう


210 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/06(水) 23:02:09 ID:hMIRQxyh
一瞬はやてがなのはと一緒に暮らそうといってるように見えた。
まだ俺の中ではやなのの時代は終わってないな。


211 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/06(水) 23:31:20 ID:LUesBrcB
>>209
長期任務の場合は埃とか積もらないように掃除にいってるだろうね

そんで、ふと、フェイトさんのベッドに目が行って
いけない考えになって枕に顔を埋めてみるけど
実はフェイトさんがミッドに帰ってくるときは高町家に入り浸りなので
フェイトさんの匂いがあまりしなくて余計に寂しくなるなのはさんとか萌える


212 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/06(水) 23:39:29 ID:vmcIx/gB
そういえばなのはさん達の住んでる家にはフェイトの部屋もあるんだよね。歳時記によると
ヴィヴィオが言ってた様にもう一緒に住んじゃえばいいのに

ついでに拾った画像。だいたい合ってるから困・・・らないな別に
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org535835.jpg



213 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/06(水) 23:59:45 ID:7ToGNKsj
>>212
しかし歳時記だと「うちの子になっちゃえば?」
というヴィヴィオの提案に苦笑いしてたなフェイト。
あれは「子」という表現に対しての「さすがにちょっと…」
という解釈でいいんかな?
夏コミCDやシーツでは家族的表現になってるから基準が難しいな。


214 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/07(木) 01:22:04 ID:9zghvi/5
そもそも関係が曖昧だよな。仲良し家族ってのは分かってるけど。



215 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/07(木) 01:24:47 ID:sIUud0aJ
フェイトそんは遠慮しがちですからホイホイ気軽になりますとも言えない性格のような


216 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/07(木) 02:56:32 ID:fQVzFvpy
>>212
フェイトの部屋がある、というのはそれはそれで寂しい気もする
二人で一つの部屋を使ってるわけじゃないのか



217 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/07(木) 03:10:52 ID:pBYAGHph
熟年夫婦になると、いつも一緒だと逆に

単身赴任状態だっけ?


218 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/07(木) 07:26:19 ID:IAxy8buE
寝室は寝室で別にあるんだよたぶん


219 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/07(木) 08:37:29 ID:pBYAGHph
川の字か


220 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/07(木) 10:28:49 ID:EVkhs1CN
>>212
「子は親の鏡」とはよく言ったものだなぁ

>>218
書斎と思えば何の違和感も無い>フェイトの部屋


221 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/07(木) 12:21:46 ID:v3gidEMJ
>>212
一緒って字、こう書くことあるっけ…?


222 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/07(木) 12:44:23 ID:CG3jgCqG
>>221
ただの漢字間違いだと思う。


223 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/07(木) 15:32:04 ID:pBYAGHph
台湾人か韓国人の類じゃね?
それか聖王と覇王で陛下の陛と一緒の緒を合わせて作った字で、
結婚で王家合併したいって気持ちを表してるとか。



224 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/07(木) 15:54:10 ID:fQVzFvpy
ヴィヴィオの猛烈アタックは唐突すぎて不自然で笑ってしまうなw
語尾に「ッ!」付けすぎでちょっと落ち着けと言いたくなる

ルー子のキャラ崩壊でキャロとのカプに新風が吹くか


225 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/07(木) 15:56:15 ID:db1tHNs+
寝室はヴィヴィオの教育上別々にしてる
でも、どちらかのベッドに潜り込むから意味無しw


226 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/07(木) 15:57:13 ID:pBYAGHph
キャロにはエリオが居るし、あのコンビはなのユーと違って簡単に崩せそうにないと思う。
公式的には期待でけいないんじゃね?


227 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/07(木) 16:02:58 ID:db1tHNs+
それでも、ルー子とキャロがエリオを争うより
ルー子とエリオがキャロを取り合う方が
百合的には美味しい

藤間せんせいなら、藤間せんせいなら、なんとかしてくれるに違いないw


228 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/07(木) 16:03:39 ID:db1tHNs+
あ、自分もエリキャロ自体は好きだよw



229 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/07(木) 16:12:19 ID:pBYAGHph
あるとしたら、ルー子がエリキャロまとめてゲット
ルー子×(エリオ×キャロ)みたいな形になっちゃうんじゃないかな
エリオvsルー子な展開も想像しづらい気がする。

まあ公式でどうなろうとここのみんなは勝手に妄想するんですけどね。


230 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/07(木) 16:16:58 ID:heCqTh4a
自分はなのフェイとスバティアがガチすぎて他に多くは臨まないかなあ
エリキャロの二人で幸せになってくれればフェイトそんもきっと喜ぶよ


231 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/07(木) 17:16:28 ID:9zghvi/5
俺もエリキャロで幸せになるんじゃないかと。俺もなのフェイ、スバティアがあれば良いって思ってる
ルーのキャラ崩壊っていうか崩壊してたの母のほうじゃないか?


232 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/07(木) 19:41:07 ID:62kaqFR5
ViVidはヴィヴィオとアインがいちゃいちゃしてればそれで良いよw


233 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/07(木) 20:18:13 ID:wLbkd5+0
ルーの場合キャラ崩壊と言うよりあれが素なんじゃないかと思ってる
スカ陣営のところにいたときは1期のフェイトのようにしていたとか


234 44 sage New! 2010/01/07(木) 22:52:35 ID:DcBTID5r
>>180-182の続き、というか翌日のSS投下します。
フェイトさんがオーバーヒート気味で壊れそうだったので、ほのぼの系で。
最後にちょこっとだけエロ。
フェイトさんはヘタレというか…攻められ好きになってしまいました。




「朝だよっ、おっきろー」
「……んー、あと5分……」
元気ななのはの声に半分眠ったまま返事をする。
腕の中ではヴィヴィオがすうすうと眠っている。
あったかい……眠い……

『おはようのキスしないと起きないのかな?』
微睡んでいると念話で話しかけられた。
……おはようのきす?

「――お、起きます起きます」
一気に昨夜の出来事が思い起こされて覚醒する。
慌てて身を起こした。

「おはよう、フェイトちゃん」
「お、おはよう、なのは」
「ヴィヴィオも起きなさい」
「……ふにゃ……おはよー……」
なのはに揺り起こされたヴィヴィオは目をこすりながらゆっくりと起き上がる。
「はい、おはよう」
「おはよう、ヴィヴィオ」
「あっ、フェイトママおかえりー」
「うん、ただいま」
私の存在に気づいて抱きついてきたヴィヴィオの頭を撫でる。

今日はなのはは仕事で私とヴィヴィオは一緒にお休み。
どうやって過ごそうかなんて話しながらヴィヴィオと一緒に朝の支度をする。
なのはと話すときに時々フリーズする私をヴィヴィオは不思議そうに見てくるけれど、
別に喧嘩をしているわけではないと分かっているのだろう、特に何も聞いてはこなかった。

そして二人でなのはのお見送り。
「ママ、いってらっしゃい」
可愛らしく頬にぷちゅっとキスされてなのははにこにこしている。
そして立ち上がると
「フェイトちゃんは?」
わ、私もするの?
また少し緊張しながらヴィヴィオがしたのと逆の頬に口づけた。
「ありがとっ。……じゃあヴィヴィオ、フェイトちゃんのこと頼むね」
「はい、たのまれました」
「えっ、逆でしょ……?」
「「あってまーす」」
と声を揃える二人。そして、手を振りながらなのはは出かけて行った。


235 44 sage New! 2010/01/07(木) 22:53:06 ID:DcBTID5r
私、大人ですよ?とヴィヴィオの方を見やると
「フェイトママ、なのはママがいないとさみしくて
 ないちゃうから、ヴィヴィオがついててあげるのです」
「な、泣いたりなんかしませんよ!?」
寂しいけど。
というか、どうして私を振り回すところまでなのはに似るんだろう。


昼ごろに二人で聖王教会の庭へと入っていく。ここでアルフと待ち合わせ。
「フェイトー、フェイトっ、フェイトっ……久しぶりっ」
私の姿が見えた瞬間、駆けて飛びついてきたアルフを受け止める。
「アルフ、久しぶりっ」
「フェイト、今幸せだよねっ」
「うん、会えて嬉しいよ」
「あたしもだよ。でも、そうじゃなくてさ。なんかいいことあっただろー」
「あ、うん……あったかな」
精神リンクで分かったのかな。
色々あったけど、特に昨日のなのはの言葉……は胸に閉まっておこう。
こんなところで顔が真赤になっても困る。
「うんうんっ、よかった。……あっと、ヴィヴィオ放っといてごめんよ」
「いえいえ、ひさびさのさいかいですから。どうもこんにちは」
私から降りて謝るアルフにヴィヴィオはぺこりと頭を下げた。
「こんにちは。はぁ、いつもながら行儀のいい出来た子だねぇ」
「なのはは躾が厳しいから……」
「そのぶんフェイトママがあまいからちょうどいいんじゃないかな」
「そんなに甘いかな……?」
「甘いね」「げきあまだよ」
普通だと思うのに……。

そのまま庭で三人で遊ぶ。
私は眺めているだけのことが多いけど、幸せだなと思う。
あとはなのはがいれば……ってすぐにこういう事考えるから今朝みたいなこと言われるんだ。
しばらくして遊び疲れたのかヴィヴィオは眠そうにうとうとし始めた。
この子を膝枕してアルフも子犬形態になってみんなで日向ぼっこ。


少し日が陰ってきてそろそろ帰ろうかと考えたところでなのはから通信が入る。
「やっほー、フェイトちゃん」
「うん、どうしたの?」
「多分時間通りに帰れるよって連絡と……あとは顔が見たかったから」
「な、なのっ……」
明け透けな物言いに言葉を失いかけてこほんと咳払いをして気を取り直す。
「私たちこれから晩御飯の買い物して帰るけど、なにか食べたいものあるかな?」
「んーと、フェイトちゃんの愛情込めてくれれば何でもいいよ」
「……それは放っといても勝手に入ります」
「にゃはは、ありがとう。それじゃ、また後でね」
「うん、頑張って」

通信を切るとアルフが嬉しそうによじ登ってきた。
「フェイト、よかったねっ」


236 44 sage New! 2010/01/07(木) 22:53:32 ID:DcBTID5r
「え、なにが?」
『長年の想いがようやく届いたみたいじゃないか』
寝ているヴィヴィオを気にしたのか念話に切り替えて話しかけてくる。
『長年の想い……?ようやく……?』
『ずっと好きだったんだろ、なのはのこと』
『それはもちろん。前から友達だったしね』
『…………まさか自分では気づいてなかったのかい?』
どうしてうちのご主人様は自分のこととなると
こうも鈍いのかね、とため息をついてから続ける。
『まあ、フェイトにとってなのはは特別すぎたから逆に分からなかったのかもね……。
 あんたの好きは普通の友達の好きじゃなかっただろ』

確かに普通の友達にキスされてあんな風に嬉しくなったりはしない。
でも、恋愛感情なのかと聞かれるとそれだけでもなくて、なのははなのはだから好きだとしか……。
そうだね。アルフの言うとおり特別すぎたから、自分の気持ちが良く分からなかったのかな。
なのははどうだったんだろう。後で聞いてみようかな。



夜になってヴィヴィオに絵本を読んで寝かしつける。
「じはよめるけどフェイトママのこえだいすきだから、おねがい」
とせがまれたのでベッドで隣に横になって読み始めて、
小一時間ほど経ったところで寝息が聞こえだしたから移動する。

「なのはー、ヴィヴィオもう寝たよ」
別室で仕事をしていたなのはの背中に声をかけた。
「お疲れさま、フェイトちゃん」
「ここにいたらお邪魔かな?」
「ううん、普通の会話ぐらいならできるよ」

普通の会話
「私の声ってどんな風に聞こえるんだろう?」
「ん?いい声だと思うよ。私は好き」
「ありがとうございます……」
会話終了。

と油断してたら続きが来た。
「普段の穏やかで優しい声も好きだし、戦いの時の凛々しい声も好きだし、
 慌てた時のちょっと高くて可愛い声も好きだし……」
と滔々と連ねていってふと気づいたように、
ああでも一番好きなのは――
「私の名前を宝物みたく大事そうに呼んでくれる声かな」

しまった……聞くんじゃなかった……。
嬉しいけど、物凄く嬉しいけど……声を出せなくなってしまった。

なのはは振り向くと無言のまま顔を赤くしている私を見てくすっと笑う。
「名前、呼んでくれるかな」
「…………なの、は」
「うん、フェイトちゃん」


237 44 sage New! 2010/01/07(木) 22:53:54 ID:DcBTID5r
頷いて本当に嬉しそうに笑ってくれる。
こうして始まるのが友達だと教えてもらって、友達として過ごしてきたけれど、
きっとずっと前から……多分出会った頃からずっと惹かれていた。
この優しくて真っ直ぐな瞳に。


なのはの仕事が終わって二人並んでソファに座る。
アルフとの話で気づいたことを説明して
「―――というわけで、ずっと友達とは違う意味でも好きだったみたいです」
「はぁ、そうなんですか……」
「はい。なのははどうなのかな」
「うーん…………私も似たような感じだけど、友達としての絆が一番大事だったから
 フェイトちゃんに好きな人ができても、それはそれでいいのかなって」
「今でも……?」
「もう駄目です。他の誰にも渡してあげないからね」
「うん。なのは……キス、して欲しいな」
「えっ……あ、はい……」

あれ、珍しい。なのはが赤面してる。
不思議に思いながらもゆっくりと顔が近づいて触れるだけのキスをする。
閉じていた目を開くとやっぱりなのはは……
「どうして照れてるの?」
「……にゃはは、なんでだろ」
なんか、可愛いな……照れ笑いを浮かべるなのはの頬に手を当てて
「ん……」
結構自然に口づけられた。
数回ちゅっちゅと唇を触れ合わせてから舌を滑り込ませていく。
「ちゅ……んく、ふ……ちろ……」
「んぅ、は……フェイトちゃん……ちゅ……」
じゃれ合うように互いの舌を舐めさする。
気持ちいいしなんだか楽しい、けど……なのはに昨日の私みたいになる様子はない。
どうすればいいのかな……

と逡巡している間に
「はぁ……フェイトちゃん、好きだよ……」
「っっ」
なのはは熱っぽい吐息を漏らすと首筋を指先で軽くなぞってきた。
ぞくんと震えが走る。
そして、なのはのキスが私に合わせた受身ではなくなる。
「んっ、く……れろ……」
「は……んあっ、んんっ……」
あ、駄目だ……これ……
なのはにされると体がおかしくなる
「ん、ひぁっ、なのはっ……」
名を呼んだ瞬間に大きく体が跳ねた。

いってるのに
びくびくと体が震えているのに
なのはは止めてくれなくて
唇を塞いだまま耳を撫でてくる


238 44 sage New! 2010/01/07(木) 22:54:15 ID:DcBTID5r
感じすぎて少し辛いのに
どうしようもなく幸せのまま
意識が途切れかかる

「……フェイトちゃん?」
「…………ん、なの、は?」
「大丈夫、かな?」
「……なんとか」
ほっと溜息をつくとなのはは私に抱きついてくる。
「やりすぎた?」
「……キスだけだから……どうなんだろ」
正確には首筋や耳への愛撫も混ざっていたけど。
「んー、他のことは出来そうにないね」
「やっぱり、したいのかな……?」
「……とりあえず、このすべすべのお肌を堪能して我慢しまーす」
と私の首筋にスリスリと頬ずりをし始めた。
正直なところ、これだけでも少し体が反応してしまっているから、
本格的にいろんなことをされたらどうなるのか少し怖い、けど……
「我慢出来なかったらしていいよ。なのはにしてもらうのは幸せだから」

……あれ?固まった。
なのははピタっと動きを止める。
「なのは?」
声をかけて顔を覗き込むと耳まで真っ赤になっていた。
「……どうして照れるのかな?」
「ふぇ、フェイトちゃんが恥ずかしいこと言うからじゃないかな」
いつもは自分のほうがよほど恥ずかしいこと言ってるのに……。
言葉にして求められるのが苦手なのかな?
意識して言葉にするのは私も恥ずかしいから諸刃の剣だけど、また今度言ってみようかな。
ということはとりあえず置いといて。
今は目の前の愛しい人を抱きしめよう。



239 44 sage New! 2010/01/07(木) 22:54:36 ID:DcBTID5r
終わりです。

フェイトさんに攻めさせるのを諦めたら、誘い受けの技能を覚えたようです。
うちのふぇいとさんはなのはさんに攻められるのが大好きなんだ、という感じに…どうしよう、この人。
まあ、何にせよようやくなのはさんが素直にデレてくれてよかったです。

どっちも無自覚に一票ということでこの話。
恋というより『なのは枠』『フェイトちゃん枠』で別格の好きなんじゃないかなぁと。


240 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/08(金) 01:30:15 ID:VVu4kZJK
やべぇニヤニヤがとまんねぇ…俺きもいww

GJ!!


241 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/08(金) 02:20:12 ID:U9kJupXz
今更コンプエース読んだのだが、あまりにニヤついて周囲に変な目で見られたような気がするw
俺きめぇwww

>>239
GJ
誰かコーヒー豆持ってきてくれw


242 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/09(土) 01:29:17 ID:TQ7o5cS9
大怪我して入院したスバルを見舞いに行くティアナ。
ネガティブ思考になったスバルにお説教した後に、
「待ってるから」と声を掛けて拳を突き出して、コツンと合わせて部屋を出て行く。

場面変わって、どっかの海辺。
何故か眼鏡を掛けたティアナが海辺に立ってるスバルに「好きです」と大声で告白。
笑顔で応えるスバルに抱きついて「バカ・・・」と呟く。

正月中にこんな訳分からん夢を見た俺は、スバティア病かもしれん・・・。


243 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/09(土) 10:33:51 ID:h0eHfJCg
こういう所でスバルは男前


244 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/09(土) 12:58:43 ID:HSsAi99v
来週の銀河英雄伝説は…

「妹を寝取られたでござるの巻」
「お義姉さまと呼ばれたでござるの巻」
「妹x4追加オーダーキタでござるの巻」


245 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/09(土) 16:59:57 ID:98DDB+xH
中の人の劇場版インタビューより
「フェイトちゃんはあんなになのはのことが好きなのに、なんでこんなに敵意がむき出しなんだろう」
「あんなに立ち向かってくるけど、そのうちなのはのことが大好きになるんだよ」


なのはさんさすがです


246 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/09(土) 20:56:32 ID:1+kWBp3K
ナカジマ家×ティアナというのもなかなか・・・


247 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/09(土) 21:08:35 ID:lD2aoGDA
集団お見合い

ティアナ(幻)×ギンガ
ティアナ(幻)×チンク
ティアナ(幻)×ディエチ
ティアナ(実)×スバル
ティアナ(幻)×ノーヴェ
ティアナ(幻)×ウエンディ


248 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/09(土) 22:02:12 ID:WS0INu/t
聖ナカジマ女学園に入ったティアナが、上級生の"エトワール"ギンガさまと、
ルームメイトの"キマシタワー"スバルちゃんとの間で揺れながらも成長していくんですね。

ちなみに俺は渚玉から百合ヲタになりました。


249 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/09(土) 22:06:11 ID:9SzVIb8R
>>246
輪姦かよ!
家族=姉妹の一人ということで、姉妹入会の儀式を行おうとするギン姉&ナンバーズ
ティアナを逃がそうとするスバルと姉妹達との戦いが始まる



250 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/09(土) 22:18:08 ID:3RJWPwwU
しかしこれからのvivid、ティアナとウェンディ、なのはさんとディエチの絡みが見られんのは少し残念だな
うう、もっと燃料をくれ…


251 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/09(土) 23:26:02 ID:ZdUsPH8q
>>250
マニアックすぎるカラみだろそれwww
多分次号でまた覇王様がデレてくれるに違いない


252 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/10(日) 06:44:02 ID:XzerZd0E
ウェンディはライバル心、ディエチは尊敬心と大分ベクトルは違うけど意識してるよね
しかし両方ツンデレのカプとは新しすぎる

N2Rも旅行に行かなかったのは残念だな


253 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/10(日) 06:56:32 ID:NRx3n03f
NTRって何?


254 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/10(日) 11:00:04 ID:8yOklqix
寝取られ


255 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/10(日) 19:53:44 ID:sBJf873S
声優アニメディアとアニメディア読んでたらユーノの扱いに吹いたw



256 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/11(月) 00:04:13 ID:Ob7bfAz3
NHK総合にフェイトそんの中の人が出てるぞ
何か来る予感


257 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/11(月) 02:13:21 ID:VyIKUUlk
ヴィヴィオってフェイトのことをママとして見れなくなりつつあるんだっけ?
ってことは十年後くらいに母子対決が来るのかな。

「フェイトさんをママと思ったことなんてない。なのはママになんか負けないもん」
「少し頭冷やそうか」


258 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/11(月) 08:54:52 ID:YNp7vFEI
V見る限りその設定はたぶん死にました


259 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/11(月) 13:03:59 ID:l8s/IyOA
ヴィヴィオには二人のママに愛されて育って欲しいものだ


260 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/11(月) 13:15:46 ID:y+Ux2JYz
>>255
かわいそう!(笑)


261 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/11(月) 13:35:11 ID:H/Mv8ugD
なのフェイやらアリすずやらはやヴィーの妄想ばかりしている百合ヲタ腐男子ユーノ・・・。

げんしけん読んでたら、そういうのはアリかなと思った。


262 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/11(月) 17:25:41 ID:VyIKUUlk
それだとさすがにユーノがかわいそすぐるので
エイミィ一筋なクロノ君一筋なけなげな男の子ってことでいいじゃないか。


263 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/11(月) 20:09:49 ID:5cECbf2+

ふらーり、薔薇の咲き誇る無限書庫も良いですな、いやまて

年もあけたところで、微妙な時間帯に軽く賑やかしを投下させてくださいな

ヤマもオチもイミも無いです、お気をつけ下さい
百合のような気がしない事もない程度です、お気をつけ下さい
エロくないです、妄想でカバーして下さい



264 斧と湖の素敵な関係、もしくはバールのような物 sage New! 2010/01/11(月) 20:10:48 ID:5cECbf2+

『斧と湖の素敵な関係、もしくはバールのような物』



新暦も80年が近づこうという或る日、フェイト・T・ハラオウン執務官は
零下50度の氷雪地獄、ベルカ自治領北部で樹木の数を数える任務に就いていた。

「砂糖と塩を間違えただけなんだけどなぁ……」

誰の、何をとは語るまい。

日がな一日数を数える毎日の中で、ふと、コペルニクス的な転回が頭を過ぎる。

―― 全部切り倒してしまえば数えなくて済む、薪も確保できるし。

かくして、今日もフェイト・T・ハラオウン執務官は樹を切る、斧で無遠慮に。
古代のベルカ人が決死の思いで緑化に努めたベルカ自治領北部で、容赦なく。

そんな折、ついうっかり愛用の斧こと、黒光りする長くて先が太くなっている凶器、
最近人生について考えるバルディッシュ・アサルトがすっぽ抜けて飛んでいってしまった。

指先の感覚が無くなっている事を失念していた失態であった。

零下50度である、無駄に丈夫な執務官は、友人の八神たぬき特別捜査官あたりに、
実は金星人の血をひいとるんやないか、などと常々疑われている、少なくともUMA。

飛んでいった先に拾いに赴けば、割れた氷とたゆたっている水面、湖。

「今までありがとう、バルディッシュ」

目を閉じれば、幼い頃からの思い出が目蓋に浮かぶ。

厳しくも優しかった教師、フカフカした青い毛皮の狼、遺影となった母親、
波打ち際を走るバルディッシュと自分、あはは待ってよ、追いついてごらん。

「フェイト……容赦なく過去を捏造するのはやめなさい」

目蓋を開けば、目の前の湖から何か生えていた。



265 斧と湖の素敵な関係、もしくはバールのような物 sage New! 2010/01/11(月) 20:11:21 ID:5cECbf2+

黒だか紫だか、よく考えたらギンガと色がカブッているワカメのような髪をした女性、
私を呼ぶなら大魔道士とでも呼びなさい、プレシア母さんこと、湖のアレな女神である。

きっと、極大消滅呪文とか使える。

そんな湖の女神様、たぶん復讐とか怨念は、水に濡れたワカメや睫毛などを凍らせて、
ただでさえ紫の唇をより紫色に、歯の根をガチガチと言わせながら語った言葉は例の如く。

「省略するわよ……寒いんだから」

少なくとも、金星人の血筋は父方のようであった。

「で、フェイト……あなたが落としたのはこの金のバルディッシュ、それとも」
「あ、その金色の三角形のやつです」

凍てついた風が空気を凍らせる。

もはや氷の塊と化した魔道師のマントはたなびく事も無く、
露出していた湖面には薄く氷が張りはじめている。

「……はい、ボッシュート」

踵を返してじゃぶじゃぶと、氷を割りながら湖中へと帰る湖の女神様。
地味に笑顔がこぼれているのは、外よりも水中の方が暖かいからであろうか。

「ま、待って母さん、嘘じゃない、嘘じゃないよ母さああああぁぁぁん」

無情な産みの親への言葉は届くはずもなく、張り詰める湖面のみが面影を残し、
雪に閉ざされたベルカ自治領北部に、春は遠かった。




266 斧と湖の素敵な関係、もしくはバールのような物 sage New! 2010/01/11(月) 20:11:49 ID:5cECbf2+

『ていく2』



バルディッシュを失ったフェイト・T・ハラオウン執務官。
それでもめげずに今日も樹木の伐採に精を出す。

2本、3本と景気良く樹木を伐採しているうち、気が抜けた瞬間でもあったのだろうか、
汚物は焼却だ式殲滅型自動伐採マシーン「高町なのは」を、ついうっかり湖に叩き込んでしまった。

なのはー、などと叫んだところでもう遅い。

ザンバーで葬らんされた次元犯罪者もかくやという勢いで叩き込まれた高町なのは、
警察に通報されかねないほど巨大な水柱をあげて、湖中へと沈んでいった。

そんな湖から、二人ほどの首根っこを捕まえた湖のタヌキ様が競りあがってくる。

「女神様や、女神様!」

なるほど、動物界脊椎動物門脊椎動物亜門哺乳綱ネコ目ネコ亜目イヌ上科イヌ科タヌキ属
あたりを守護する神霊なのであろう、察するに、実にありがたいお姿である。

そんな女神様の左右の御手には、それぞれよく似た危なそうなモノがぶら下がっていた。

「暴言暴力暴飲暴食暴悪暴威暴利暴虐暴走暴挙暴風暴雨!! 畏怖せヨ虫ケラどもッ!!」
「ああっ、以前円卓の姫士ネタが誰も理解できなかったからって、天丼してるのッ」

誰が見ても高町なのはその人である。

「さて、フェイトちゃんが落としたのは、この無差別に頭を冷やす暴君なのはちゃんか、
 それともこっちの、カートリッジ激発中毒の聖騎士なのに胸があるなのはちゃんかな」

「違うよ、容姿端麗眉目秀麗才色兼備品行方正成績優秀質実剛健(長すぎるために省略)で、
 夜は下になって責められるのが大好きな、内面完全ネコの高町なのはだよ?」

迷いの無い返答であった、恐るべき滑舌と肺活量であった。
なんか女神様と二人の高町なのはが、氷の上に正座で聞かされていた。

「それで昨日の夜なんか宿舎でね」

一時間が経過した頃、ようやくに話が一区切りついたと言う。

「ごめんなぁ、そのなのはちゃんは、ちょっと心当たり無いわぁ」
「愛が、愛が痛いのおおぉがぼぼごぼごぶ……」

二人の首根っこを掴んだまま、湖中へと戻る女神様、一目散に。
逃げたわけではない、当初の戦略目的を達成し主導的に後退しているだけである。

「なのは!? なのはああああぁぁぁぁ……」

氷の張り始めた湖面に、悲しげな叫びだけが鳴り響いていた。




267 斧と湖の素敵な関係、もしくはバールのような物 sage New! 2010/01/11(月) 20:12:16 ID:5cECbf2+

『ていく3』



もはや何もかもを前略し、ついうっかりギンガを湖に落としたフェイトさん。

そんなギンガ・ナカジマの首根っこをひっつかんで、湖の中から女神様があらわれる。
氷結した水滴に眼鏡が凍る、白衣の姿はマリエル・アテンザ精密技術官。

「で、フェイトさんが落としたのは、この千鳥転輪方式、中距離支援型ギンガ・ナカジマですか、
 それともこの蛇腹関節、サイクロンロケットエンジン搭載型ギンガ・ナカジマですか?」

「違うよ、私が落としたのはドリルパイルバンクシステムver,1.13搭載型ギンガ・ナカジマだよ」

迷いの無い返答を受けて、女神様の眼鏡が光る。

「あら正直ですね、正直な貴女には全部のギンガ・ナカジマを」
「ちょ、ちょっと待って、ドリルパイルバンクって何ですか、いつの間に私の身体はそんな事にッ」

かくして陸士108部隊の戦力が、微妙に増強されたと言う。

科学の発展には犠牲がつきものとは言え、めでたくもあり、めでたくもなし。




268 斧と湖の素敵な関係、もしくはバールのような物 sage New! 2010/01/11(月) 20:12:42 ID:5cECbf2+

『おまけ』



聖王教会裏手の藪の中、今日も聖王陛下は青き狼と一緒に樵の真似事に興じていた。

その手には一台の機械、混合燃料が内燃機関を稼動させ、力強い響きが森林にこだまする。

最軽量と名高いG2000T、枝打ちなどに使われるトップハンドルの小型チェーンソーである。
特徴としては、小さく、正直G37シリーズならともかく、こんな小型で何をするのかという代物。

大方の予想通りガイドバーがへし折れて、飛び散る刃と細かい破片、先端部スプロケットノーズ。

惨事の現場になりかねないその危機を、逞しい背中が受け止めて、弾く。
咄嗟に人間形態へと転身した狼、ベルカの守護獣の名に恥じない、素晴らしい働きぶりである。

大事無いと笑うザフィーラの声を受け、いろいろと反省をふまえて、一旦帰還、
続いて聖王教会の樵小屋から持ち出してきたのは、やたら大きなオレンジ色の機械。

ベルカスチール社製品、大型チェーンソー往年の名機、80番台の最新型後継機MS880、
刃は無骨な404ラピッド、しかもガイドバー長は最長の150cmを装備している。

それを横に使った、主に縦切りにしか利用されない巨大な内燃機関で、あろう事か横に薙ぎ払う。

当然の如く重量に負け、刃筋と軸線の歪みがチェーンソー刃を樹木に食い込ませ、止める。
生じたキックバックが反動が、複雑化させた運動エネルギーのベクトルに制御の手が離れて、

ああっと、ヴィヴィオくんふっとんだー!

だがしかし、その中空へと投げ出された小柄な身体を、優しく受け止める浅黒い両手が有る。
そう、ベルカが誇るS.G.G.K(すーぱーぐれーとがーでぃあんきし)ザフィーラに違いない。

湖面の淵、水際で踏みとどまった逞しい肉体に、背後から狼耳で幼女な湖の女神が声をかけた。

「旦那ー、たまには何か落としてくれないと、話が進まないんだけど」

物言わぬ背中が、諦めろと語っていた。

何本かの木材と、伐採に対する補助金で、二人にはそこそこの稼ぎになったと言う。

(終)


269 斧と湖の素敵な関係、もしくはバールのような物 sage New! 2010/01/11(月) 20:13:13 ID:5cECbf2+

あとがきー

そもそもの発端になった砂糖と塩は、リンディ・ハラオウン噴水事件とか呼ばれているそうです



270 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/12(火) 00:03:21 ID:XBag2AJ1
GJw
いつも面白いんだけど、元ネタ(あるのかわからないが)とか全くわからん


271 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/12(火) 01:06:05 ID:tXPfqCEp
全くわからんって言うのが、イソップレベルでわからないのか
それともそれはわかって当たり前だからカウントしt内の川カラン


272 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/12(火) 05:38:52 ID:5jXiZZiY
フェイトさんとギン姉が同じ話に出ていると言うだけで嬉しいぜ。
やっぱ、自給すべきか……。


273 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/12(火) 08:25:11 ID:4YqAOQ1z
リンディさんが潮を吹いたと聞いて(ry


274 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/12(火) 14:24:38 ID:j4zr11g4
ザフィがいつもさりげなく出てくるなw

>272
期待するぜ?


275 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/12(火) 22:51:10 ID:LcEFJf5l
やっと規制解除された
>>139のゲーム面白いんだけど
状況説明だけでセリフがないのが惜しかった



276 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/12(火) 23:38:37 ID:5jXiZZiY
>>274
期待されてしまった。
何かお題有ればリハビリがてら書いてみる。


>>275
セリフ……セリフか……。
構造上付けることは簡単なんだけど、中身用意するのががが


277 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/13(水) 02:21:09 ID:rjw8OZpa
>>268
S.G.G.KではなくG.S.G.K だと断固として主張する!!
ぶっちゃけ続編は・・・ゲフンゲフン

それはともかく、
「例え上になっても受け受けで全体重を私に預けて上目遣いななのはも勿論可愛いんだ」
という山彦が遥か北の大地で聞こえたそうな


278 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/13(水) 06:03:39 ID:cnIMgxt2
>>231
作者が書き間違えたのでない限りはしゃいでたのは間違いなくルーテシア
服装と髪のサイドに結んでるリボンで見分けられる


279 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/13(水) 12:52:21 ID:h0JKrLwN
ルーテシアは元々ああゆう娘だったんだよ。
お母さんと暮らしていろんな意味で開放されたんよ。。


280 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/13(水) 18:09:58 ID:LDWhDUos
>>279
それを本スレで言ったらSSXでは昔のままだったじゃん、と突っ込まれて怒られた


281 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/13(水) 22:43:36 ID:zd4HYbNX
SSXとvividにも多少の空白はあるし、その間に変わったんじゃないか


282 44 sage New! 2010/01/13(水) 23:14:41 ID:ob/3N+HJ
スバティア、に見せかけたティアナ視点のなのフェイSS投下します。
本日はエロなしで。



「んんーっ、と」
お風呂上りに伸びをする。
今日も仕事は大変だったけど、最近は本当に充実してる。
フェイトさんの傍で執務官の仕事を学んで憧れの仕事に向かって前に進めている実感がある。
気を抜きながら水分を補給していると通信が入った。
ああ、いつものあいつだ。と思いながら受信する。

「ティア、お疲れっ。元気ー?」
「元気よ、元気。そんなにしょっちゅう連絡してこなくても大丈夫だから」
にぱっと笑って手を振ってくるスバルにいつものようにそっけなく返す。
「えー、でもティアの顔見ないと落ち着かないよー」
「はいはい、もう充分でしょ。そろそろ切るわよ」
「うー、ティア冷たいよー。愛が足りないよー。あたしはこんなに大好きなのに」
「うっさい!簡単に好きとか言うな!」
と言いながら通信を切った。
ったく……あいつはいつもいつもどうしてああも恥ずかしげもなく真っ直ぐに言えるんだか。


「あれ……なのはさん?」
デスクワーク中に入った珍しい人からの通信を慌てて受ける。
「ティアナ、久しぶり。元気だったかな?」
「はい。お久しぶりです、なのはさん。元気にやってます」
「うん、よかった。……えーとね、その……スバルに用事があってちょっと連絡したんだけど、
 その時に『ティアが冷たいんですよー』って泣きつかれちゃって……」
あああっ、あいつはー!なのはさんに何言ってんだ!
「喧嘩してるわけじゃないんだよね?」
「は、はいっ。当たり前です。ただ、ちょっと突き放しておかないと
 スバルがベタベタくっついてくるんで……」
「ん、前のままの感じかな。嫌いになったわけじゃないんだね」
「はい。……どうしてあいつは大好きだよとか平気で言っちゃうんでしょうね」
優しい声音と表情に誘われるようにぽろっと愚痴をこぼしてしまった。
「それだけティアナのことが好きなんだよ。はたから見てると微笑ましくていいのにな」
「……でも、好きとかって大事な言葉だから軽々しく言うのは良くない気がするんですよね」
「うーん……そうかな。……そうかもしれないね」
「ええ、言ったら駄目だとも思わないんですけど……あっ、すみません。
 仕事があるのでこれで失礼してもよろしいでしょうか?」
別の通信が入ったから雑談はこれまで。残念だけどなのはさんとの通信はもう切らないと。
「うん、忙しいところごめんね。じゃあ、また今度」


とそんなやりとりがあってから数日が経過した。
スバルには叱っておいたけど、やっぱり態度を改めるつもりはなさそうだった。
でも、少し変化したことがあって――

「フェイト執務官、なにかお悩み事でも?」
パネルに触れる手は淀みなく動いているけれど、時折溜息をつくフェイトさんに問いかける。
「えっ……ああ、うん。仕事とは全然関係ないよ。ごめんね、ティアナ」
「仕事以外でも私たちは一心同体だと思っていますし。
 話しづらいことなら無理には聞きませんけど……とりあえずお昼にして息抜きしませんか?」
「ん、そうしようか」
肯定を受けてランチをフェイトさんの部屋に運ぶ。
もし、なにか話したいことがあるなら食堂ではない方がいいだろうと。

「えっとね……最近なのはが少し冷たいような気がするんだ……」
食事を取り始めてから数分経って、覚悟を決めたようにフェイトさんが話し始める。


283 44 sage New! 2010/01/13(水) 23:15:18 ID:ob/3N+HJ
「えっ?ケンカでもされたんですか?珍しいですね」
「喧嘩はしてないよ。今まで通り優しいことは優しいし……」
「……それならどうして?」
「い、今までね……あの、その……よく言ってくれた言葉があるんだけど……
 ここのところ全然言ってくれなくなって……」
うわっ、何この可愛い生き物。上官に対してついつい失礼な考えを抱いてしまった。
いつもの仕事モードとはうって変わってもじもじと恥ずかしげになる執務官殿を眺める。
…………って、なんか最近こんな会話をしたような。
「あっ、あああああっ!そ、それ、多分私のせいです。ごめんなさいっ」
「……えっ?あっ、ティアナは綺麗だもんね……そっか、そうなんだ……なのは、嘘つくの嫌いだもんね」
「違いますっ!」
なのはさんが心変わりしたとでも思っているらしく、
深海へと沈んでいくように落ち込むこの人に急いで説明する。
どうしてこんなに自信がないんだろう。
そんな風にあなたに綺麗だなんて言われても全然嬉しくありませんよ!
と思いながらなのはさんとのやり取りを教えると安堵した表情になる。
その後、聞き出したなのはさんの言葉は案の定『好き』とか『可愛い』とかそんなことだったらしい。
なのはさん……あなたスバルと同じ人種だったんですね。
……普段好き好き光線を発してるのはフェイトさんの方なのに。
まさか、あたしも周りから見たらこんな感じじゃないわよね……。

「そっか、ティアナもたまには素直に言葉にしてあげればいいのに」
「だ、だって恥ずかしいじゃないですか!?」
「その気持はわかるし、言わなくてもきっとスバルには伝わってると思うけど、
 でも……やっぱり言ってもらえたら嬉しいと思うんだ」
「……うう、そうですかね」

そして夜が来て、毎度の通信連絡。

「ティアー、元気そうだね。うんうんっ、良かった。嬉しいよ」
「そ、そう……あ、あたしも……」
なんて言えばいいんだろう。
『可愛いスバルが元気そうで嬉しいわ』と言う自分を思い浮かべたらぞわっと鳥肌が立った。
「ん?どったの?」
「……あんたのバカみたいに脳天気な顔見たらほっとしたわよ!」
「あははー、あたしの顔見て元気になったんだ」
「うっさいっ、もう切るわよ!」
とブチッと通信を切った。

すみません、フェイトさん。これがあたしの限界です。
心のなかで詫びながら次の日を迎えると、我らが執務官殿には幸せオーラが漂っていた。
きっと、なのはさんに色々と言ってもらったんだろうな。
あたしもスバルの幸せそうな顔は見たいからなんとか頑張って、とは思うけど
途轍もなく恥ずかしくて勇気がいる。感情のままに言葉に出来る人がちょっと羨ましくなった。
いつか、ちゃんと言える日が来るんだろうか。
『スバル、大好きよ』
あー、やっぱ駄目だ。考えるだけでゾワゾワする。
他の人にはこんな風にはならないのに。
『なのはさん、大好きです』『フェイトさん、大好きです』
この辺りなら言える。多分。
……まあ、あいつだけ特別扱いなんだってことで今は許してもらおう。



284 44 sage New! 2010/01/13(水) 23:15:51 ID:ob/3N+HJ
終わりです。
蛇足ですが、フェイトさんとなのはさんのやりとりはきっとこう。

「な、なのはっ、私のことどう思ってるのかな?」
「えっ?す……えーと……」
反射的に答えそうになったけど踏みとどまる。
うーん、大事な言葉を軽々しく言うのは良くないんだよね。
どう答えればいいのかな……。
「お願いだから、本当の気持ちを言って欲しい」
「……好きだよ。大好きだよ、フェイトちゃん」
「なのはっ。私も、だよ。私も大好きだよ」
「フェイトちゃんっ」
「ティアナから話は聞いたけど……あのね、そうやって
 言ってくれるのは凄く嬉しいから、出来れば言って欲しいな」
「うん、分かった。これからもたくさん言うね。好きだよって、フェイトちゃん愛してるよって」
「なのは///」

ツンデレ化しようとしても一週間と持ちそうにないなのはさんでした。


285 44 sage New! 2010/01/13(水) 23:16:48 ID:ob/3N+HJ
続けて小ネタを二つほど。まずは、なのは×チンク。
百合と言っていいのか分かりませんが、なのはさんに甘えるチンク姉。
本編での互いの呼び名が違ったらすみません。



「チンクちゃん、久しぶりだねー」
妹たちに会いに聖王教会へと訪ねた帰りの庭先。
ポンと肩を叩かれて振り返るとヴィヴィオの母君、なのはさんが立っていた。
「ああ、なのはさん。お久しぶりです。
 ……しかし、何時もながらその呼び名は如何なものかと思います」
「えーと、嫌だったかな?」
「そういう訳ではありませんが、妹たちは呼び捨てでなぜ姉の私だけちゃん付けなのかと」
「何でだろ……?うーん、チンクちゃんが可愛いからかな?」
と言ってニコニコと笑いながらなのはさんが私を抱きしめる。
「ななっ!?」
突然の行為にわたわたと手足を動かす私だったが……
あれ?なんだ……?
ふにょっと豊かな胸に顔を埋める格好になって動く気がなくなる。
何だろう?この落ち着く感覚は……
「ん?チンクちゃんおねむなのかな?」
「そう、かもしれません……」
確かに少し眠いのかもしれない。
心地よい感触に身を委ねているうちに呟きが漏れていた。
「…………ははうえ」
ああ、母親がいたらこんな感じなのだろうか。
だがこの人は私の母ではない。おかしなことを言ってしまった。
「お母さんみたく思えるのかな?……んー、このままお昼寝でもしようか」
「こんな形でも私はもう大人です。母に甘える年頃ではありませんし……」
「うん、いつもは立派で優しいお姉さんだよね。
 でも……だからこそたまには甘えるのもいいんじゃないかな」
「そう、ですか……?」
「そうだよ」
何か言葉を返そうと思ったが、穏やかな心音を聞いているうちに眠気がましていく。
この小さな体は何かと不便なことも多いが……こうして抱いてもらえるのなら、悪くないな……
でも、妹たちにも……この温もりを教えてやりたいな……
と思いながらもあっさりと眠りに引き込まれていった。



終わりです。

最近、数の子たちがやたらと可愛いから書きたいなぁと思いながらも、
どうも自分が書くと恋愛にはならなくて…ちょっとでも燃料になればと。


286 44 sage New! 2010/01/13(水) 23:17:31 ID:ob/3N+HJ
最後にもう一つの小ネタ。
ありがちな話ですがはやてが髪を伸ばし始めた理由を妄想。
はやて→なのは+フェイトな感じで。



――昔からこうだけど、伸ばしても似合うんじゃないかな――

軽く髪を梳かれながら言われた。
向こうからしたら何気ない言葉と何気ない行為。
とくんと鼓動が大きく跳ねた、こっちの気持ちなんか全く知らん旧くからの友達の言葉。

やっぱり髪の長い娘が好きなんかな。
長くて綺麗な髪の彼女の無二の親友の姿が思い浮かんだ。
恋人とは違っても運命的な絆で結ばれた二人。
二人の間に入っていける気はせんから想いを伝えるんも諦めてたけど……

首から下げた大切なあの子の形見を手のひらに握りこむ。
この髪があの子くらいにまで伸びたら言ってみよう。
幸運の追い風、祝福のエール、リインフォース――どうか、私に勇気を貸してな。



終わりです。

初代リインぐらいまで髪を伸ばしたはやては凄く可愛いんだろうなと言うことで。
でもセミロングも捨てがたい…そろそろ部隊長のターンこないかなぁ。


287 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/13(水) 23:41:48 ID:LDWhDUos
>>281
ヴィヴィオたちとあったら昔のままの振る舞い。
でも見抜かれてるって展開かも


288 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/14(木) 02:21:17 ID:EoLGKYe6
>>284
gjです
4人の力関係が面白いですw



289 名無しさん@秘密の花園 sage New! 2010/01/14(木) 08:16:01 ID:8W1hE1wm
GJ!

相変わらずラブラブななのフェイに萌え

なのは×チンクとは新しい
ナンバーズだとディエチ以外考えたことなかったな
だがいいぞもっと(ry

乙女な部隊長も可愛いよ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。